第22問(H29)
 ATMを使った金融取引やPCへのログインの際など、本人確認のための生体認
証技術が広く社会に普及している。認証の精度は、他人受入率(FAR:False
Acceptance Rate)と本人拒否率(FRR:False Rejection Rate)によって決まる。こ
の2つはトレードオフ関係にあり、一般に片方を低く抑えようとすると、もう片方
は高くなる。
 FARとFRRに関する以下の文章の空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして、
最も適切なものを下記の解答群から選べ。


 a  □ A □が低いと安全性を重視したシステムになり、□ B □が低いと利
 用者の利便性を重視したシステムになる。
 b ATMでの生体認証では、□ C □が十分低くなるように設定されている。
 c なりすましを防止するには、□ D □を低く抑えることに重点をおけばよ
 い。

〔解答群〕
ア A:FAR  B:FRR  C:FAR  D:FAR
イ A:FAR  B:FRR  C:FRR  D:FRR
ウ A:FRR  B:FAR  C:FAR  D:FAR
エ A:FRR  B:FAR  C:FRR  D:FRR
解答へのヒント
正解: ア
他人受入率と本人拒否率の役割を問う。
他人受入率がゼロに近いと安全性に富み、ATMには必要である。