第18問(H29)
 ソフトウェア開発の見積もり手法には、大きく分けて、類推法、パラメトリック
法、ボトムアップ法がある。
 それらの手法に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア LOC法は、プログラムのステップ数に基づいて見積もりを行う手法であり、
 パラメトリック法に分類される。
イ ファンクションポイントは、どの見積もり手法でも必要となる重要データであ
 る。
ウ ボトムアップ法は、要件定義の段階で見積もる手法であり、以降の段階ではよ
 り詳細なパラメトリック法が用いられる。
エ 類推法は、過去の類似システムと比較して見積もる手法で、標準タスク法など
 がこれに該当する。
解答へのヒント
正解: ア
ファンクションポイント法……コスト見積手法で、帳票数、画面数、ファイル数などから
ソフトウェアの機能(ファンクション)を定量化して見積もる方法。
プログラムステップ法……プログラムのステップ数で開発規模を見積もる。
類推見積法……過去の実績を基に見積もる。
標準タスク法……WBSに基づいて成果物単位や処理単位で工数を見積もり、積み上げていく。
COCOMO(COnstructure COst MOdel)法……開発規模と開発特性要因を考慮して工数や期間を
見積もるモデル化法。生産性などのデータ必要。