第17問(H29)
 ウォータフォール型システム開発方法論は、システム開発を行う上での基本プロ
セスである。しかし、それには多くの課題があり、それらを克服することが、多様
な開発方法論の提言の動機付けになってきた。
 ウォータフォール型システム開発方法論に関する記述として、最も適切なものは
どれか。

ア ウォータフォール型システム開発方法論では、開発プロセスを「要件定義」、
 「外部設計」、「内部設計」、「開発(プログラミング)」、「テスト」、「運用」の順に行
 い、後戻りしないことが理想とされている。
イ ウォータフォール型システム開発方法論では、開発プロセスを「要件定義」、
 「内部設計」、「外部設計」、「開発(プログラミング)」、「運用」、「テスト」の順に行
 い、後戻りしないことが理想とされている。
ウ ウォータフォール型システム開発方法論に対して、スパイラルモデルでは一連
 のプロセスを何度も繰り返すことを許すが、その際には、まず全体の概要を構築
 し、それを徐々に具体化するプロセスが採用される。
エ プロトタイプモデルは、ウォータフォール型システム開発方法論における「テ
 スト」工程でのノウハウがなかなか蓄積できないとの課題に対応して提案された
 ものである。
解答へのヒント
正解: ア
選択肢アとイは、テストしてから運用するか運用してからテストするかが異なる。
選択肢ウの全体の概要を構築してから行うのはウォータフォール型システム開発。
選択肢エのウォータフォール型システム開発方法論における課題は、後戻りすること。