第14問(H29)
 ITの進化に伴い、大量かつ多様なデジタルデータを高速で処理し、分析結果を
企業経営に生かせるようになってきた。そこには、日々の業務で発生するトランザ
クションデータ、eメールや交流サイトでやりとりされるWeb上のデータ、デジ
タル機器から発信されるIoT関連データなどが含まれる。
 これらのデジタルデータの処理に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア センサーの小型化と低価格化がIoTの普及を促進している。センサーには、
 地磁気を測定するジャイロセンサー、加速度を測定する電子コンパスなどさまざ
 まなものがあり、それらを組み合わせた新しいサービスが実現化されている。
イ 大容量のデータ処理を高速化するため、ハードディスクの読み書きを避けてメ
 モリ上で処理を完結する技術がある。これをストリームデータ処理という。
ウ データベースに保管された大容量のデータを処理するために、サーバを増設し
 て負荷を分散化させる方法を複合イベント処理という。
エ 日本語テキストの分析では、意味を持つ最小の言語単位にテキストを分け、品
 詞を判別することが必要になる。テキストのデータ分析に先立つこのような事前
 処理を形態素解析という。
解答へのヒント
正解: エ
形態素解析は、文章の構成要素に分解して意味を理解しようとする。例えば、ひとつの例として
「私 は 本 を買っ た」と分析されるようだ。