第24問(H28)
 商品の需要量を予測する時系列モデルにはいくつかのものがある。これらに関す
る記述として最も適切なものはどれか。

ア ARMAモデルは、自己回帰モデルと移動平均モデルを組み合わせたものであ
 る。
イ 指数平滑法は、自己回帰モデルと物価指数による単回帰モデルを組み合わせた
 ものである。
ウ バスモデルでは、t期の売上はその期の購入者数に比例して発生するとして計
 算する。
エ バスモデルでは、イノベータとは消費者のうち製品を初期に購入する2.5%の
 層のことである。
解答へのヒント
正解:ア
需要予測には加重平均移動平均法(時期の予想売上高=(過去の各期の売上高×その期の重み)
の合計÷各期の重みの合計	※重み:季節変数や期別に行う重み)、
指数平滑法(不規則な変動によって過去の実績値が信頼できない、あるいは過去の実績値が十分
とれていないときなどには、最近のデータに重みを付けた移動平均法を使い、指数平滑法が
利用される。今期の需要予測=前期の予測売上+平滑化指数×(前期の売上実績−前期の予測売上)	
※平滑化指数(α)は 0<α<1 で戦略的に決定する。)
単純指数平滑法(移動平均値を作成するために過去の時系列データに指数型の重みを適用する
予測法などがある。