第25問(H27)
 年中無休のある店舗で、日次売上高を2年分集計した。年ごとの平均日次売上高
の母集団の分布と分散は分からないが、平均日次売上高に有意な差があるかどうか
について、有意水準5%でz値を計算し仮説検定を行った。z値は、各年の平均日
次売上高の差が分子、各年の日数で調整した標本標準偏差を分母としたときの比率
(z>0)である。
 この仮説検定に関する記述として最も適切なものはどれか。

 ア 「1−(第2種の誤りの確率)」を、検定力という。
 イ z値が1.96よりも大きいときは、帰無仮説が採択できる。
 ウ z値を計算するときの分母は、各年の標本標準偏差を各年の日数で除したもの
  の和である。
 エ 問題文中の記述と同様にして、年ごとの平均月次売上高の差も検定できる。
解答へのヒント

正解:ア
値から統計量の平均を引き、標準偏差で割る変換を基準化というが、標本平均を
基準化したものは帰無仮説のもとで標準正規分布に従う。この検定統計量による
検定のことをz検定という。なお、分散が既知であること。