第18問(H27)
 近年の多様なIT機器の発達、激しいビジネス環境の変動の中で、アジャイルシ
ステム開発が注目されている。アジャイルシステム開発の方法論であるフィーチャ
駆動開発、スクラム、かんばん、XPに関する記述として、最も適切なものはどれ
か。

 ア フィーチャ駆動開発は、要求定義、設計、コーディング、テスト、実装という
  システム開発プロセスを逐次的に確実に行う方法論である。
 イ スクラムは、ラウンドトリップ・エンジニアリングを取り入れたシステム開発
  の方法論である。
 ウ かんばんは、ジャストインタイムの手法を応用して、システム開発の際に、ユ
  ーザと開発者との間でかんばんと呼ばれる情報伝達ツールを用いることに特徴が
  ある。
 エ XPは、開発の基幹手法としてペアプログラミングを用いるが、それは複数の
  オブジェクトを複数の人々で分担して作成することで、システム開発の迅速化を
  図ろうとするものである。
解答へのヒント
正解:イ
システム開発の出題。
XPは、エクストリームプログラミングで、開発対象を複数の小さな機能に分解してから
開発する。「かんばん」は開発者側での前工程と後工程を結ぶ。「フィーチャ」は要望
の意味だが、ユーザーの視点による機能と捉えたい。