第15問(H27)
 クラウドコンピューティングの実現にも使われる仮想化技術に関する記述とし
て、最も適切なものはどれか。

 ア 仮想サーバの規模に比例してサーバの管理オーバヘッドが次第に大きくなるこ
  とを、スケールアップという。
 イ 複数の物理サーバを負荷分散装置に追加して1台の仮想サーバとする方式は、
  顧客データの更新処理が多量に発生する場合に効率的である。
 ウ 物理サーバを追加することで仮想サーバの処理能力を増やすことを、スケール
  アウトという。
 エ ブレードPC方式のデスクトップ仮想化では、ブレードPCの処理余力をデス
  クトップで相互に有効利用することができる。
解答へのヒント
正解:ウ
仮想化は1つのCPUで複数のソフトを動かすこととされる。したがって制約は伴う。
スケールアウトは物理サーバーを増やすが、スケールアップは1台当たりのCPUや
メモリを増やすこととされる。