第21問(H26)
 インターネットが普及した現在においては、関係者以外に知られてはならないよ
うな情報を、インターネットを介してやり取りしなければならない状況も多い。そ
のような状況下では暗号化の技術が重要になる。
 大阪のAさんが、東京にいるBさんに顧客名簿を送ってもらうように依頼した。
その場合に利用する暗号化方式に関する記述として最も適切なものはどれか。

 ア Bさんは、顧客名簿のファイルを、暗号化鍵を管理する社内部署から鍵をひと
  つもらって暗号化した。Aさんに送付後、その鍵で暗号化したことを鍵管理部
  暑に連絡した。Aさんは、その部署からBさんが使った鍵を開き、送られたフ
  ァイルを復号化した。この方式はSSL方式のひとつである。
 イ Bさんは、顧客名簿のファイルをAさんとBさんが共有する秘密鍵で暗号化
  してAさんに送付した。この方式はシーザー暗号方式のひとつである。
 ウ Bさんは、顧客名簿のファイルをAさんの公開鍵で暗号化して送付した。A
  さんは、Bさんの秘密鍵で復号化した。この方式は公開鍵方式のひとつである。
 エ Bさんは、顧客名簿のファイルを任意に決めた鍵で暗号化してAさんに送付
  した。AさんはBさんから電話でその鍵を開き、復号化した。この方式は共通
  鍵方式のひとつである。
解答へのヒント
正解:エ
送信者と受信者が同じ鍵を使うのは共通鍵暗号方式。暗号化を公開鍵で行い、復号化を
秘密鍵で行うのは公開鍵暗号方式。