第19問(H26)
 携帯端末の普及に伴い、個人所有の端末を社内に持ち込み仕事に利用する
BYODが注目を集めている。特に、IT投資の削減や情報共有の効率化が図られる
ことなどから、BYODに対する期待は大きい。BYODに関する記述として最も適
切なものはどれか。

 ア BYODを導入するとともに、自社サーバの機能をクラウドサービスに移行す
  れば、BCP対策の一環となる。
 イ MDMとは、持ち込まれる端末のデータベース管理システムを統一することを
  指す。
 ウ シャドーITとは、会社所有の情報機器と同じハード、ソフトからなる端末に
  限定して持ち込みを許可することを指す。
 エ 端末を紛失した場合などに対処するため、遠隔操作でデータを消去するローカ
  ルワイプと呼ばれる機能がある。
解答へのヒント
正解:ア
個人が所有の携帯電話やスマートフォーンなどの機器を職場で仕事に利用するBYOD(Bring 
Your Own Device)。災害などの緊急時に利用して業務連絡等を行うこと(BCP対応)ができるが、
業務側で管理(MDM:Mobile Device Management)して利用することも求められる。紛失等が生じ
ると機器に保存した業務データを消去する「ワイプ」、管理から外れた機器の利用は「シャ
ドーIT」といわれる。