第16問(H26)
 システム開発プロジェクトにおいて「経営層によるプロジェクト運営への関与が
十分でない」ことが原因で失敗するリスクがあるとき、いくつかの対策が考えられ
る。
 対策は回避策と軽減策に分けられ、回避策は、それを十分に行った場合にリスク
事象ドライバーを消滅させる措置である。他方、軽減策は、リスク事象ドライバ
ーを消滅させることはないが、リスク事象の発生確率を減少させる措置である。
 経営層からのプロジェクトおよびプロジェクトメンバーへの明確な直接的メッセ
ージあるいは経営者のプロジェクトへの参画があれば回避策になり、そうでなけれ
ば軽減策になる。
 軽減策にあたるものとして最も適切なものはどれか。
 ※ドライバー:誘発する要因

 ア 関連組織の参画について経営者の指示を文書化する。
 イ 経営層への定期的あるいはフェーズごとの報告の必要性について経営層の了解
  を得る。
 ウ 重要なタイミングにおける経営者の参加の重要性を説明し経営層の了承を得
  る。
 エ プロジェクト要件の優先順位に関する経営層の考え方を文書化する。
解答へのヒント
正解:イ
企業経営論的内容の出題である。正解以外は回避策と考えられる。