第13問(H26)
 企業経営において情報システム(IS)の有用性は益々高まりつつある。政府も高度
情報通信ネットワーク社会推進戦略本部を設け、様々な政策の検討に入るととも
に、「政府CIOポータル」サイトを設置して、わが国が世界最高水準のIT利活用
社会になることを目指している。
 このポータルサイトでは、一般的にはCIOは「組織におけるイノベータであり、マ
ーケティングから組織内外の情報流通まで含む知識基盤を支える重要な役割」を担
うものとしている。
 このポータルサイト内でCIOに必要となる知識体系とされているものに関する
記述として、最も適切なものはどれか。

 ア IS戦略・ITガバナンスにかかわる知識とは、IT投資理論、組織・人材育成、
  IT技術変革潮流、ITリスク管理にかかわる知識である。
 イ 業務・プロセス改革にかかわる知識とは、ISの個別プロジェクトの目的の達
  成に求められる計画の立案・実行にかかわる知識である。
 ウ 経営戦略にかかわる知識とは、ISの適切な調達を行うために求められる調達
  戦略立案、外部委託先管理等にかかわる知識である。
 エ 情報活用戦略にかかわる知識とは、企業に蓄積された情報や情報技術を活用し
  たビジネスモデルの変革を担うために必要となる知識である。
解答へのヒント
正解:ア
この「政府CIOポータル」は、http://cio.go.jp/what を参照してください。