第22問(H25)
 経済産業省は、2007年に「IT投資価値評価ガイドライン」の試行版を発表した。
このガイドラインの試行版で述べられている内容は、ITの投資価値評価における
基本的な要件を示していると考えられる。IT投資価値評価の基本的な要件として
最も適切なものはどれか。

ア IT投資価値評価では、IT投資をインフラ型、業務効率型、戦略型の3つのタ
 イプに分けてとらえると評価基準などを設定しやすい。
イ IT投資価値評価は、構想・企画段階で行い、開発完了後には行わない。
ウ IT投資価値評価をする上でのコスト配賦の基準は、取り扱いデータ数だけで
 ある。
エ IT投資価値評価をするには、あくまでも金銭的効果を価値基準とするべきで
 あり、ユーザ満足度などを評価基準に組み入れるべきではない。
解答へのヒント
正解: ア
 「IT投資価値評価の基本的な要件」に絞って考えたい。選択肢イとウ及びエは
限定的で不適切と考えられる。使用後の評価、入出力時間や利用度合など、定性
評価も取り入れたい。