第21問(H25)
 ある中小企業では、過去、様々な業務を1台のホストコンピュータで処理する集
中処理システムを構築してきた。それを現在のビジネス環境に適応できるように、
クライアントサーバシステムやクラウドコンピューティングを利用して分散処理す
るシステムに移行したいと考えている。この企業における分散処理システムの導入
の仕方に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 今までの集中処理システムのうち、分散処理システムに移行しやすいアプリケ
 ーションを選択して、分散処理対応アプリケーションを開発し、それを稼動させ
 るとともに、旧システムも復活できるようにしておけば、万が一の不具合にも対
 応できる。
イ 今までの集中処理システムをすべて廃棄し、クライアントサーバシステムに移
 行して、最も良く売れているERPパッケージに置き換えれば、この企業の業務
 は容易に現在のビジネス環境に対応できる。
ウ 今までの集中処理システムを入出力部分とデータ処理部分に切り分け、データ
 処理部分を、アプリケーションごとにクラウドコンピューティングを行う業者に
 移管すれば、業務を中断することなく、現行のシステムを分散処理システムへ円
 滑に移行できる。
エ 集中処理システムから分散処理システムへの移行で大きな問題となるのは、外
 字コードが集中処理システムのアプリケーションの中に埋め込まれてしまってい
 ることである。従って、その外字コードを削除すれば、分散処理対応アプリケー
 ションへの移行は円滑に行うことができる。
解答へのヒント
正解: ア
 分散化は、環境変化に柔軟に対応できるようにすることがある。選択肢イはリスク
が高くERPも万能ではない、選択肢ウは頭脳部分の外部委託でありやはりリスクが高い。
選択肢エは、独自コードを利用している場合を想定すれば削除が危険であることを推測
できる。それで選択肢アは、しばらく資源の重複にはなるが段階的で最も適切とされる。