第20問(H25)
 ある中小企業では社内のIT人材育成の指針として、独立行政法人情報処理推進
機構(IPA)の「共通キャリア・スキルフレームワーク(CCSF)」の適用を考えている。
2012年3月に公開されたその「第一版・追補版」に関する記述として最も適切なも
のはどれか。

ア CCSFが参照する4つのスキル標準を基にして、自社の業務に合わせたスキル
 標準を社内で制定する。
イ CCSFにおけるキャリアとは、システムアーキテクトのような基本戦略系人
 材、ストラテジストのようなソリューション系人材、クリエーターのようなクリ
 エーション系人材の3つの人材類型を指す。
ウ IPAの調査によると、ユーザ企業が利用拡大を考えているITサービスとして
 は、IDCサービスやASPサービスよりも、経営/業務改革コンサルティングや
 システムコンサルティングのほうが多い。
エ 共通キャリア・スキルフレームワークをそのまま適用するのではなく、まず必
 要なタスクからスキルをひも付ける。
解答へのヒント
正解: エ
 出題のCCSFを知らなくてもしっかり読んで正解を得よう。
 中小企業が適用を考えている人材育成ケースなので、選択肢イの余裕はない。また、
選択肢ウは人材育成より外部委託を主張しているようで適切ではなかろう。さらに、
取り組みやすいのは選択肢アよりエのほうであろう。