第18問(H25)
 多くの中小企業は今まで多様なシステム化を行ってきたが、そのために多くの課
題が浮上してきている。例えば、システム投資が現行システムのメンテナンス中心
となり、新たなシステム開発に必要となる業務分析のノウハウを失ったり、リレー
ショナルデータベースが複数構築されてその整理がなされなかったりすることがあ
る。それらの課題への対処やシステム開発に関する記述として最も適切なものはど
れか。

ア 現行のシステムがメインフレーム中心のシステムであるならば、クライアント
 サーバシステムに移行すれば、アプリケーションのメンテナンスは不要になる。
イ 多様に構築されたデータベースを有効に利用するには、すべてのデータベース
 を統合してデータウェアハウスを開発し、旧データベースを廃棄する必要があ
 る。
ウ 複数のデータベースを一元化することで検索などが容易になり業務処理のスピ
 ード向上が期待できるが、それにはデータの重複が問題になる。
エ 要求定義とは、現在の業務の流れを抜本的に見直すことである。
解答へのヒント
正解: ウ
 メンテナンス中心になってしまう課題を解決できそうに読めるのが選択肢ア、
しかし分散化してもメンテナンスは無くならない。データウエアハウスはデータ
を識別しやすいように整理・加工したものといえるので不適切。業務の流れを定
義してシステム化を進めていくために要求定義が求められる。