第17問(H25)
 経済産業省の「IT経営ロードマップ」では、IT経営を実現するための取り組み
を、成功企業の事例を踏まえ、以下に示す「共有化」、「柔軟化」、「見える化」の3つ
に整理している。3つの取り組みの順序として最も適切なものを下記の解答群から
選べ。

「共有化」
 現場で積み上げられた業務や情報の客観的把握の成果を、経営戦略上必要と思わ
れる社内外の関係者間において、いつでも効率的に使えるような環境を作り上げる
こと。
「柔軟化」
 将来予測される外部環境の変化に対して、必要に応じていつでも自社の業務を柔
軟に組み替えられるようにすること、および、社内外の必要な情報を組み合わせて
新たなイノベーションを迅速に創出できるようにすること。
「見える化」
 経営から得られる視点に基づき、現場の課題抽出と解決検討の材料につながるよ
うに、業務や情報を客観的に把握できるようにすること。

[解答群]
ア 共有化  → 柔軟化  → 見える化
イ 柔軟化  → 見える化 → 共有化
ウ 見える化 → 共有化  → 柔軟化
エ 見える化 → 柔軟化  → 共有化
解答へのヒント
正解: ウ
 業務や情報を見えるようにし、関係者間において共有し、外部環境の変化に対して
柔軟に対応できるように取り組む。一般的な事例でも適用できそうだ。