この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。

第1問(R2)
 以下の資料に基づき、当期の売上原価として、最も適切なものを下記の解答群か
ら選べ。

【資 料】
 期首商品棚卸高  100,000円
 当期商品純仕入高 750,000円
 期末商品棚卸高
なお、棚卸減耗損および商品評価損はすべて売上原価に含める。
 帳簿棚卸数量実地棚卸数量原 価正味売却価額
A商品120個110個@1,200円@1,000円
B商品 80個 70個@1,000円@1,100円
[解答群] ア 626,000円 イ 648,000円 ウ 663,000円 エ 670,000円

第2問(R2)
 A社の決算整理前残高試算表は以下のとおりであった。貸倒引当金の仕訳とし
て、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 なお、当社では売上債権の残高に対し5%の貸倒れを見積もり、差額補充法を採
用している。

mon2
[解答群]
ア(借)貸倒引当金    300 (貸)貸倒引当金戻人  300
    貸倒引当金繰入 1,050    貸倒引当金   1,050
イ(借)貸倒引当金    300 (貸)貸倒引当金戻入  300
    貸倒引当金繰入 1,200    貸倒引当金   1,200
ウ(借)貸倒引当金繰入  750 (貸)貸倒引当金    750
エ(借)貸倒引当金繰入  900 (貸)貸倒引当金    900

第3問(R2)
 有価証券の期末評価に関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、有価
証券の時価は著しく下落していないものとする。

ア 子会社株式および関連会社株式は、取得原価をもって貸借対照表価額とする。
イ その他有価証券は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は当期の損益
 として処理する。
ウ 売買目的有価証券は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は貸借対照
 表の純資産の部に直接計上する。
エ 満期保有目的の債券を額面金額と異なる価額で取得した場合、取得価額と債券
 の額面金額との差額の性格が金利の調整と認められるときは、額面金額をもって
 貸借対照表価額とする。

第4問(R2)
 B社は、定時株主総会において、繰越利益剰余金を原資として6,000千円の配当
を行うことを決議した。なお、配当を行う前の資本金は18,000千円、資本準備金
は1,000千円、利益準備金は3,000千円であった。
 このとき、積み立てるべき法定準備金として、最も適切なものはどれか。

ア 資本準備金:100千円  利益準備金:300千円
イ 資本準備金:100千円  利益準備金:600千円
ウ 利益準備金:500千円
工 利益準備金:600千円

第5問(R2)
 固定資産X、YおよびZに減損の兆候がみられる。以下の表に基づき、減損損失
を認識すべきものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

      (単位:千円)
 帳簿価額割引前将来キャッシュ・
フローの総額
正味売却価額使用価値
2,8002,4001,3001,400
3,1003,3002,7002,300
4,5003,9003,4003,200
[解答群] ア X、YおよびZ イ XおよびY ウ XおよびZ エ YおよびZ

第6問(R2)
 C社はD社を吸収合併し、新たにC社株式200千株を交付した。合併期日におけ
るC社の株価は1株当たり400円であった。D社の貸借対照表は以下のとおりで
あった。商品の時価は24,000千円であったが、その他の資産および負債の時価は
帳簿価額と同額である。C社は増加すべき株主資本のうち、2分の1を資本金、残
りを資本準備金とした。
 合併に伴い発生するのれんと、増加する資本金の金額の組み合わせとして、最も
適切なものを下記の解答群から選べ。

mon6

[解答群]
ア のれん: 6,000千円 資本金:37,000千円
イ のれん: 6,000千円 資本金:40,000千円
ウ のれん:10,000千円 資本金:37,000千円
エ のれん:10,000千円 資本金:40,000千円

第7問(R2)
 リース取引の借手側の会計処理と開示に関する記述として、最も不適切なものは
どれか。

ア オペレーティング・リース取引については、通常の賃貸借取引にかかる方法に
 準じて会計処理を行う。
イ オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものにかかる末経過リース料
 は、原則として注記する。
ウ ファイナンス・リース取引にかかるリース債務は、支払期限にかかわらず、固
 定負債に属するものとする。
エ ファイナンス・リース取引にかかるリース資産は、原則としてその内容および
 減価償却の方法を注記する。


第8問(R2)
 無形固定資産の会計に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 自社が長年にわたり築き上げたブランドにより、同業他社に比べ高い収益性を
 獲得している場合には、これを無形固定資産に計上することができる。
イ 自社の研究開発活動により特許権を取得した場合には、それまでの年度に支出
 された研究開発費を戻し入れ、無形固定資産として計上しなければならない。
ウ 受注制作のソフトウェアの制作費は、請負工事の会計処理に準じて処理され、
 無形固定資産に計上されない。
エ のれんとして資産計上された金額は、最長10年にわたり、規則的に償却され
 る。

第9問(R2)
 商品19,800円(税込)を仕入れ、代金は現金で支払った。このときの仕訳として、
最も適切なものはどれか。なお、消費税率は10%とし、仕訳は税抜方式によるも
のとする。

ア(借)仕 入   18,000 (貸)現 金   19,800
    仮払消費税  1,800
イ(借)仕 入   18,000 (貸)現 金   19,800
    租税公課   1,800
ウ(借)仕 入   19,800 (貸)現 金   19,800
エ(借)仕 入   19,800 (貸)現 金   18,000
                 仮受消費税  1,800

第10問(R2)
 以下の資料に基づき、当月の直接労務費の金額として、最も適切なものを下記の
解答群から選べ。なお、予定賃率を用いて賃金消費額を計算している。

【資 料】
 1.本年度の直接工の予定就業時間は12,000時間、直接工賃金予算額は
  14,400,000円である。
 2.当月の直接工の直接作業時間は1,100時間、間接作業時間は100時間、手待
   時間は200時間であった。

[解答群]
ア 1,200,000円
イ 1,320,000円
ウ 1,440,000円
エ 1,680,000円

第11問(R2)
 以下の資料に基づき計算された財務比率の値として、最も適切なものを下記の解
答群から選べ。

【資 料】
mon11

[解答群]
ア 固定長期適合率は155.6%である。
イ 自己資本比率は25%である。
ウ 自己資本利益率(ROE)は30%である。
エ 当座比率は117.5%である。

第12問(R2)
 自己株式を現金で取得し、消却したとする。他の条件を一定とすると、これによ
る財務比率への影響に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解
答群から選べ。

a 固定比率は不変である。
b 自己資本利益率は向上する。
c 総資本利益率は不変である。
d 流動比率は悪化する。

[解答群]
ア aとb
イ aとc
ウ bとc
エ bとd
オ cとd

第13問(R2)
 キャッシュ・フロー計算書に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分では、主要な取引ごとにキャッ
 シュ・フローを総額表示しなければならない。
イ 受取利息及び受取配当金は、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に表
 示しなければならない。
ウ キヤッシュ・フロー計算書の現金及び現金同等物期末残高と、貸借対照表の現
 金及び預金の期末残高は一致するとは限らない。
エ 法人税等の支払額は、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分に表示され
 る。

第14問(R2)
 活動基準原価計算(ABC)に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア ABCがいわゆる伝統的原価計算と大きく異なる点は、ABCが製造直接費に焦
 点を当てていることである。
イ ABCで用いられる「活動」は、コスト・ドライバーと呼ばれる。
ウ ABCは、少品種大量生産型の製造業に適した原価計算である。
エ ABCを意識した経営管理手法を活動基準経営管理(ABM)という。

第15問(R2)
 オプションに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア「10,000円で買う権利」を500円で売ったとする。この原資産の価格が8,000
 円になって買い手が権利を放棄すれば、売り手は8,000円の利益となる。
イ「オプションの買い」は、権利を行使しないことができるため、損失が生じる場
 合、その損失は最初に支払った購入代金(プレミアム)に限定される。
ウ オプションにはプットとコールの2種類あるので、オプション売買のポジショ
 ンもプットの売りとコールの買いの2種類ある。
エ オプションの代表的なものに先物がある。

第16問(R2)
 金利に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 金融機関に資金を預けたときに、利息を支払わなければならない場合、これを
 マイナス金利という。
イ 政策によってマイナス金利が現実のものとなるのは、日本の場合、市中銀行に
 よる日銀預け金に限定される。
ウ マイナス金利によって、借入金利が下がり、企業の資金調達がしやすくなると
 期待される。
エ マイナス金利によるデフレーションに備えて、提供する財やサービスの価格を
 見直すことが求められる。

第17問(R2)
 割引率が8%の場合の年金現価係数は、以下のとおりである。2期末のキャッ
シュ・フローを現在価値にする複利現価係数として、最も適切なものを下記の解答
群から選べ。

mon17
[解答群]
ア 0.7938
イ 0.8574
ウ 0.9259
エ 1.7833

第18問(R2)
 ある企業において、業績が良くなると判断される新情報が市場に流れた場合
(t=0)、投資家が合理的に行動するならば、この企業の株式の超過収益率をグラ
フにしたものとして、最も適切なものはどれか。

mon18_a_i
mon18_u_e

第19問(R2)
 E社株とF社株の2銘柄を用いてポートフォリオを作ることを考えている。それ
ぞれのリターンの平均が、E社株1.0%、F社株18%のとき、ポートフォリオの期
待収益率を16%にするにはE社株の投資比率を何%にするべきか。最も適切なも
のを選べ。

ア 16%
イ 25%
ウ 35%
エ 75%


第20問(R2)
 額面が121万円、償還までの期間が2年の割引債の市場価格が100万円であっ
た。このとき、この割引債の複利最終利回り(年)として、最も適切なものはどれ
か。

ア 10.0%
イ 11.0%
ウ 17.4%
エ 21.0%

第21問(R2)
 G社の前期と当期の損益計算書は以下のように要約される。下記の設問に答えよ。

mon21
(設問1)
 当期の損益分岐点売上高として、最も適切なものはどれか。

ア 1,600万円
イ 1,800万円
ウ 2,000万円
エ 3,000万円
(設問2)
 G社の収益性に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 損益分岐点比率が前期よりも悪化したのは、売上の減少による。
イ 損益分岐点比率が前期よりも悪化したのは、変動費率の上昇による。
ウ 損益分岐点比率が前期よりも改善されたのは、固定費の増加による。
エ 損益分岐点比率が前期よりも改善されたのは、変動費率の上昇による。

第22問(R2)
 以下の文章は、資本資産評価モデル(CAPM)について説明したものである。文
中の空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群か
ら選べ。
 □ A □は、安全証券と□ B □との組み合わせによる□ C □の期待値
と標準偏差との関係を、□ B □との関連において明らかにするものである。し
かしながら、□ A □の対象は□ C □に限定されるから、それ以外のポート
フォリオや証券について、その期待収益率とリスクとの関係を□ A □から知る
ことはできない。それを明らかにするのが□ D □であり、資本資産評価モデル
(CAPM)にほかならない。

[解答群]
ア A:資本市場線      B:効率的ポートフォリオ
  C:市場ポートフォリオ  D:証券市場線
イ A:資本市場線      B:市場ポートフォリオ
  C:効率的ポートフォリオ D:証券市場線
ウ A:証券市場線      B:効率的ポートフォリオ
  C:市場ポートフォリオ  D:資本市場線
エ A:証券市場線      B:市場ポートフォリオ
  C:効率的ポートフォリオ D:資本市場線

第23問(R2)
 当期首に1,500万円をある設備(耐用年数3年、残存価額ゼロ、定額法)に投資す
ると、今後3年間にわたって、各期末に900万円の税引前キャッシュフローが得ら
れる投資案がある。税率を30%とすると、この投資によって各期末の税引後
キャッシュフローはいくらになるか。最も適切なものを選べ。

ア 180万円
イ 280万円
ウ 630万円
エ 780万円

第24問(R2)
 モジリアーニとミラーの理論(MM理論)に関する記述として、最も適切なもの
はどれか。ただし、投資家は資本市場において裁定取引を円滑に行うことができ、
負債にはリスクがなく、法人税は存在しないと仮定する。

ア PER(株価収益率)は、無借金の方が負債で資金調達するよりも小さくなる。
イ 企業の最適資本構成は存在し、それによって企業価値も左右される。
ウ 企業の市場価値は、当該企業の期待収益率でキャッシュフローを資本化するこ
 とによって得られ、資本構成に影響を与える。
エ 投資のための切拾率は、資金調達方法にかかわりなく、一意に決定される。