この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H16)
 取引の発生から財務諸表の作成に至るまでの簿記一巡の手続として、最も適切
なものはどれか。

ア 取引の発生→仕訳→元帳転記→決算整理手続き→棚卸帳の作成→試算表の作成
 →財務諸表の作成
イ 取引の発生→仕訳→元帳転記→試算表の作成→決算整理手続き→棚卸帳の作成
 →財務諸表の作成
ウ 取引の発生→仕訳→元帳転記→試算表の作成→棚卸帳の作成→決算整理手続き
 →財務諸表の作成
エ 取引の発生→仕訳→元帳転記→棚卸帳の作成→決算整理手続き→試算表の作成
 →財務諸表の作成
オ 取引の発生→仕訳→元帳転記→棚卸帳の作成→試算表の作成→決算整理手続き
 →財務諸表の作成
第2問(H16)
 次の精算表では、損益計算書欄と貸借対照表欄とで、当期純利益の額が異なって
いる。これに関連し、下記の設問に答えよ。
(設問1)
  当期純利益の額が合わない原因は何か。次に掲げる原因のうち、最も適切なも
 のの組合せを下記の解答群から選べ。

a 貸借対照表勘定と損益計算書勘定を混同している。
b 資産勘定と負債勘定を混同している。
c 資産勘定と資本勘定を混同している。
d 収益勘定と費用勘定を混同している
e 金額を移記する際に、借方と貸方を混同している。

{解答群}
ア aとbとc   イ aとbとd   ウ aとcとe
エ bとdとe   オ cとdとe
(設問2)
 精算表を正しく作り替えたとき、当期純利益の額として最も適切なものはどれ
か。

ア 60万円   イ 130万円   ウ 180万円   エ 220万円
第3問(H16)
 次に掲げる貸借対照表の資本の部(単位:百万円)の記載形式として、最も適切
なものはどれか。
第4問(H16)
 次の文章は、商法施行規則第35条について述べたものである。空欄A〜Cに入
る用語として、最も適切な組み合わせを下記の解答群から選べ。

 株式会社の設立に当たり、会社の負担に帰すべき設立費用を□ A □勘定を
以って貸借対照表に計上した場合、商法施行規則第35条に従い、会社の
□ B □後(当該会社が□ C □前に利息の配当を行う場合には、その配当を
やめた後)5年以内に、毎決算期において、均等額以上の償却を行わなければなら
ない。

{解答群}
ア A:開業費   B:開 業   C:成 立
イ A:開業費   B:成 立   C:開 業
ウ A:創立費   B:開 業   C:開 業
エ A:創立費   B:成 立   C:開 業
オ A:創立費   B:成 立   C:成 立
第5問(H16)
 次の資料に基づいて、本支店合併損益計算書を作成するとき、売上総利益の金額
として最も適切なものを下記の解答群から選べ。
(資料2)未達事項
 1.本店から支店へ送金した16万円
 2.本店から支店へ発送した商品18万円
 3.支店で振り出した本店宛為替手形8万円

(資料3)期末商品棚卸高
 本店 500万円
 支店 200万円(このうち本店より仕入れた商品30万円)
    ただし、未達商品を含んでいない。

(資料4)内部振替価格
 本店から支店へ商品を発送するとき、原価の20%を加算した金額を振替価格
としている。

{解答群}
 ア 1,042万円  イ 1,060万円  ウ 1,068万円
 エ 1,076万円  オ 1,086万円
第6問(H16)
 経理の状況に関する次の資料に基づいて、下記の設問に答えよ。
(設問1)
  空欄Aに入れるべき数値として、最も適切なものはどれか。

 ア 232  イ 254  ウ 260  エ 270  オ 280
(設問2)
  第16期の固定比率および固定長期適合率の値として、最も適切なものはどれ
 か。

 ア 固定比率 90.0%    固定長期適合率 83.3%
 イ 固定比率 90.0%    固定長期適合率 120.0%
 ウ 固定比率 120.0%    固定長期適合率 90.0%
 エ 固定比率 120.0%    固定長期適合率 111.1%
 オ 固定比率 120.5%    固定長期適合率 92.1%
(設問3)
  第16期の売上債権回転期間と商品回転期間は、次のとおりである。
  このとき、仕入債務回転期間を求める算式として最も適切なものはどれか。
(設問4)
  第17期に60万円の営業増益を見込むとき、目標増収額(売上高の増加額)とし
 て最も適切なものはどれか。ただし、変動費率および固定費の額は、第16期と
変わらないものとする。

 ア 80万円    イ 160万円    ウ 240万円
 エ 320万円    オ 400万円
第7問(H16)
 次の原価項目と金額をもとにして述べた記述のうち、最も適切なものはどれか。
 ア 加工費は90、素価は190である。
 イ 製造間接費は60、加工費は90である。
 ウ 製造間接費は120、素価は190である。
 エ 総原価は220、加工費は90である。
 オ 総原価は220、素価は190である。
第8問(H16)
 P工業株式会社の7月における原価計算資料は次のとおりである。仕掛品の評価
を平均法で行うとき、月末仕掛品加工費の金額として最も適切なものを下記の解答
群から選べ。

 <数量データ>          <金額データ>
 月初仕掛品     80個(50%)   月初仕掛品加工費  30,000円
 月末仕掛品     40個(25%)   当月投入加工費   960,000円
 当月完成品     990個
 (注)
  1.( )内の数字は加工進捗度を意味する。
  2.仕損、減損はなかった。

[解答群]
 ア  9,700円   イ  9,800円   ウ  9,900円		
 エ 10,000円   オ 11,000円
第9問(H16)
 J社の損益計算書(一部)は次のとおりである。このとき、最も適切な記述を下記
の解答群から選べ。
 税 引 前 当 期 純 利 益     200
 法人税・住民税及び事業税     90
 法 人 税 等 調 整 額    △  4
 当期純利益        □A□	

[解答群]
 ア Aに106を入れ、貸借対照表に繰延税金資産を4計上する。
 イ Aに106を入れ、貸借対照表に繰延税金負債を4計上する。
 ウ Aに114を入れ、貸借対照表に繰延税金資産を4計上する。
 エ Aに114を入れ、貸借対照表に繰延税金負債を4計上する。
第10問(H16)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 配当割引モデルでは、1年後より毎年1回受け取る配当をDt、投資家の要求利
益率kとすると、理論株価P0は次式で表される。
 配当を毎年均等額Dと仮定すると、上式は簡単に表すことができる。その場
合、ある株式についてDを35円、kを5%とするとき、もし現在の株価が800円
であるとすると、現在の株価は理論株価に比べて□ A □と判断される。同様に
Dを35円、kを5%、配当利回りを4%とすれば、この株価は理論株価に比べて
□ B □と判断される。
 上記配当割引モデルの仮定の他に、毎年の配当成長率をgと仮定すると、@この
ときの理論株価も簡単に表すことができる。
 
(設問1)
  文中の空欄AおよびBに入る最も適切な語句の組み合わせはどれか。

 ア A:割 高  B:適 切
 イ A:割 高  B:割 高
 ウ A:割 高  B:割 安
 エ A:割 安  B:割 高
 オ A:割 安  B:割 安
(設問2)
  文中の下線部@について、最も適切なものはどれか。
第11問(H16)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 ポートフォリオ理論では、投資家は対象とするリスク証券の投資収益率Rを予
想する。1年間の株式投資を仮定するとき、1年間に受け取る予想配当をD,現
在の株価をP0、1年後の予想株価をP1とすると、Rは次式で表される。
 したがって、投資収益率Rは□ A □と□ B □の和で表され、後者はイ
ンカム・ゲインを源泉とする。配当Dが確実に分かっているとしても、1年後の
株価は確定していないので、Rは確率分布として予測されるが、投資家は投資収益
率Rの期待値と標準偏差の2パラメータで投資判断すると仮定される。
 たとえば、[表1]に示すパラメータを持つA株式、B株式の2証券のポートフォ
リオを考えてみよう。証券の組み合わせを考える場合、@2証券の投資収益率の関係
(相関係数)を測定することも重要である。A株式とB株式の投資収益率の相関係
数は−0.8と計測されている。
 [表2]は、[表1]のデータに基づき、投資資金を100%として、その内A株式
にXA、B株式に残りXBを投資した場合のポートフォリオ収益率の期待値と標準
偏差を算出したものである。
 実行可能なポートフォリオのうち、Aリスク回避者を想定すると、B効率的ポート
フォリオを見つけることができる。投資対象をすべてのリスク証券に広げても、同
様に効率的ポートフォリオが存在する。さらに□ C □も投資対象とすると、投
資家はこの□ C □とリスク証券だけから構成されるポートフォリオとの組み合
わせに投資することになる。後者のリスク証券だけから構成されるポートフォリオ
のうち最も高い効用を投資家にもたらすものは、□ D □と呼ばれる。この
□ D □と個別証券の投資収益率の関係を導いているのが□ E □である。
 Rfをリスク・フリー・レート、□ D □の期待投資収益率をE(RM)とする
と、i証券の期待投資収益率E(Ri)は、次式で表される。
	E(Ri)=Rf+βi[E(RM)−Rf]

(設問1)
  文中の空欄AおよびBに入る語句の最も適切な組み合わせはどれか。

 ア A:株価収益率(PER)     B:配当利回り
 イ A:株価収益率(PER)の逆数  B:配当利回り
 ウ A:株価上昇(下落)率      B:配当利回り
 エ A:配当利回り          B:株価収益率(PER)
 オ A:配当利回り          B:株価上昇(下落)率	
(設問2)
  文中の下線部@について、最も不適切なものはどれか。

 ア 相関係数がゼロの場合、2証券は相互に独立であるといわれる。
 イ 相関係数が+1の場合、ポートフォリオの標準偏差は、2証券の標準偏差を
  投資比率で加重平均したものとなる。
 ウ 相関係数は、−1から+1までの値をとる。
 エ 他のパラメータに変化がないとして、ゼロの相関係数は、マイナスの相関係
  数に比べて、ポートフォリオの標準偏差は小さくなる。
 オ 他のパラメータに変化がないとして、プラスの相関係数は、マイナスの相関
  係数に比べて、ポートフォリオの標準偏差は大きくなる。
(設問3)
  文中の下線部Aについて、一般に投資家は、リスク回避者、リスク中立者、リ
 スク愛好者に分類される。下図は期待値と標準偏差に関する効用の無差別曲線を
 それぞれのタイプについて表示している。無差別曲線の図形と投資家タイプの最
 も適切な組み合わせを下記の解答群から選べ。
[解答群]
 ア aはリスク愛好家、bはリスク回避者、cはリスク中立者
 イ aはリスク愛好家、bはリスク中立者、cはリスク回避者
 ウ aはリスク回避者、bはリスク愛好家、cはリスク中立者
 エ aはリスク回避者、bはリスク中立者、cはリスク愛好家
 オ aはリスク中立者、bはリスク愛好家、cはリスク回避者
(設問4)
  文中の下線部Bについて、[表2]の結果を前提とするとき、効率的ポートフォ
 リオを示す最も適切なものはどれか。

 ア 0% ≦ XA ≦ 65%の範囲でA株式に投資し、残りをB株式に投資する
  ポートフォリオ。
 イ 0% ≦ XA ≦ 100%の範囲でA株式に投資し、残りをB株式に投資する
  ポートフォリオ。
 ウ 65% ≦ XA ≦ 80%の範囲でA株式に投資し、残りをB株式に投資する
  ポートフォリオ。
 エ 65% ≦ XA ≦ 90%の範囲でA株式に投資し、残りをB株式に投資する
  ポートフォリオ。
 オ 65% ≦ XA ≦ 100%の範囲でA株式に投資し、残りをB株式に投資する
  ポートフォリオ。
(設問5)
  文中の空欄C、D、Eに入る語句の組み合わせで、最も適切なものはどれか。

 ア C:安全証券 D:効率的ポートフォリオ    E:CAPM
 イ C:安全証券 D:市場ポートフォリオ     E:CAPM
 ウ C:社 債  D:市場ポートフォリオ     E:APT
 エ C:社 債  D:市場ポートフォリオ     E:CAPM
 オ C:社 債  D:マーケット・ポートフォリオ E:APT
第12問(H16)

 わが国のキャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物として、最も不
適切なものはどれか。

 ア 決算日から3ヶ月以内に満期の来る定期預金
 イ 取得日から3ヶ月以内に償還されるコマーシャル・ペーパー
 ウ 通知預金
 エ 当座預金
 オ 普通預金
第13問(H16)
 次の「貸借対照表」、「利益処分計算書」、「損益計算書」および「キャッシュ・フ
ロー計算書」から、下記の設問に答えよ。なお、金額単位は万円である。
(設問1)
  利益処分計算書の空欄Aに入る数値として、最も適切なものはどれか。

 ア 215   イ 220   ウ 250   エ 265   オ 565
(設問2)
  キャッシュ・フロー計算書の空欄Bに入る数値として、最も適切なものはどれ
 か。なお、売上債権につき第12期中に40万円の貸倒が生じていた。

 ア 17,500   イ 17,540   ウ 19,500   エ 19,540   オ 20,025
(設問3)
  キャッシュ・フロー計算書の空欄Cに入る数値として、最も適切なものはどれ
 か。

 ア 300   イ 380   ウ 440   エ 500   オ 640
(設問4)
  第12期末に、長期借入金の一部が短期借入金に振り替えられている。この振
 替高として、最も適切なものはどれか。

 ア 100万円  イ 200万円  ウ 300万円  エ 400万円  オ 450万円
(設問5)
  第12期中に固定資産が処分されている。この固定資産の第12期中における減
 価償却費が20万円であったとすると、当該固定資産の第11期末における減価償
 却累計額として、最も適切なものはどれか。

 ア 20万円  イ 80万円  ウ 100万円  エ 200万円  オ 300万円
(設問6)
  正味運転資本の増加額およびフリー・キャッシュ・フローの金額について、最
 も適切なものの組み合わせはどれか。

 ア 正味運転資本増加額: 135万円  フリー・キャッシュ・フロー:200万円
 イ 正味運転資本増加額: 910万円  フリー・キャッシュ・フロー:400万円
 ウ 正味運転資本増加額:1,045万円  フリー・キャッシュ・フロー:200万円
 エ 正味運転資本増加額:1,045万円  フリー・キャッシュ・フロー:400万円
 オ 正味運転資本増加額:3,470万円  フリー・キャッシュ・フロー:200万円
第14問(H16)
 当社では、現行の設備に代えて、燃料費(現金支出)を毎年100万円節約できる新
設備の導入が提案されている。他方、この設備の取り替えにより、減価償却費が毎
年50万円から90万円に増加する。新規設備の年間キャッシュ・フローとして、最
も適切なものはどれか。ただし、限界実効税率を40%とする。
 ア 76万円 イ 84万円 ウ 94万円 エ 140万円 オ 150万円