この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H23)
 生産における管理目標に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 強度率は、労働災害1件当たりの大きさを示す指標の1つである。
 イ 生産リードタイムは、顧客が注文してからその製品を手にするまでの時間であ
  る。
 ウ 直行率は、初工程から最終工程まで、手直し・調整・手戻りなどがなく順調に
  通過した品物の、全体の品物に対する割合をいう。
 エ 労働生産性は、一般に、付加価値を従業員数で除した値で示される。
第2問(H23)
 機能別職場の特徴に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 熟練工を職長にすることにより部下の技術指導がしやすくなる。
 イ 職場間での仕事量にバラつきが生じやすい。
 ウ 職場間の運搬が煩雑である。
 エ 製品の流れの管理がしやすい。
第3問(H23)
 工程管理における余力の調整および余力管理に関する記述として、最も不適切な
ものはどれか。

 ア 職場間の応援や残業は、小日程計画における余力の調整業務にあたる。
 イ 設備投資の検討、職場組織の変更は、大日程計画における余力の調整業務にあ
  たる。
 ウ 手持ちの仕事量と現有能力の把握、その両者の比較、作業分配、作業予定の決
  定は、余力管理の業務にあたる。
 エ 流動数グラフ、製品工程分析表は、余力を把握するための図表として用いられ
  る。
第4問(H23)
 生産システムへのITの利用に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 資材の計画、要員や設備などの資源の管理のために、MRPUを導入する。
 イ 生産情報をリアルタイムに処理し、現場管理者に提供するために、MRPを導
  入する。
 ウ 製品のモデルを用いて製品設計を仮想的に評価するために、ERPを導入す
  る。
 エ 物、人、金を対象に、生産を総合的に管理するために、CAEを導入する。
第5問(H23)
 VEなどにおいて、アイデアを発想する手法の1つとして用いられるブレーン・
ストーミングの4つのルールに関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 制約条件に合致したアイデアを考える。
 イ できるだけ時間をかけてアイデアを考える。
 ウ できるだけ質の高いアイデアを考える。
 エ 人が出したアイデアをもとに、発展したアイデアを考える。
第6問(H23)
 機械の機構において、往復運動を回転運動に変換する、あるいはその逆を行う仕
組みに関する項目として、最も不適切なものはどれか。

 ア ピストンとクランク
 イ ピニオンとラック
 ウ ベルトとプーリー
 エ 遊星歯車
第7問(H23)
 品質展開に関する次の文中の空欄A〜Cに入る、最も適切な用語の組み合わせを
下記の解答群から選べ。

 JIS Q 9025にいれば、品質展開とは、「□ A □を□ B □に変換し、製品
の設計品質を定め、各機能部品、個々の構成部品の品質、及び□ C □の要素に
展開する方法」と定義している。

[解答群]
 ア A:品質特性  B:要求品質  C:工 程
 イ A:品質特性  B:要求品質  C:動 作
 ウ A:要求品質  B:品質特性  C:工 程
 エ A:要求品質  B:品質特性  C:動 作
第8問(H23)
 ライン生産方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 移動作業方式では、一般に、作業者と品物が同時に移動し、作業者は所定の作
  業域内で所定の作業を行う。
 イ 静止作業方式では、一般に、作業者が連続的に移動し、品物は定位置に置いて
  所定の作業を行う。
 ウ タクト生産方式では、一般に、生産ラインの全作業者が同時に所定の作業に着
  手し、ある時間間隔で同時に終了し、作業者が一斉に次の作業ステーションへ移
  動する。
 エ ライン生産方式では、一般に、ライン上の各作業ステーションに作業が割り付
  けられ、作業者が作業ステーションを移動するにつれて加工が進んでいく。
第9問(H23)
 最終製品XとYの部品構成表が下図に与えられている。( )内の数は親に対し
て必要な部品の個数を示している。製品Xを10個、製品Yを5個生産するのに必
要な部品eの数量に最も近いものを下記の解答群から選べ。

第9問図

[解答群]
 ア 50    イ 60    ウ 70    エ 80
第10問(H23)
 2機械ジョブショップにおいて、各ジョブの作業時間と作業順序が表に与えられ
ている。各ショップでのジョブ投入順序をSPT(最小作業時間)ルールで決定した
とき、総所要時間の値として最も適切なものを下記の解答群から選べ。
  作 業 時 間 作 業 順 序
機械1機械2
ジョブ11.03.0機械2→機械1
ジョブ24.02.0機械1→機械2
ジョブ33.04.0機械1→機械2
ジョブ42.01.0機械2→機械1
 ア 11.0     イ 12.0     ウ 13.0     エ 14.0
第11問(H23)
 製造企業において外注を利用する意義に関する記述として、最も不適切なものは
どれか。

 ア 景気等による需要変動に対する安全弁として利用できる。
 イ 社内製作に必要とされる生産設備や要員の固定費を削減できる。
 ウ 垂直的分業によって、他社の生産技術や生産設備を利用できる。
 エ 品質、コスト、納期、数量を容易に管理できる。
第12問(H23)
 品質管理におけるQC手法と分析内容の組み合わせとして、最も適切なものはど
れか。

 ア 管理図 − 不良の発生が慢性的か、突発的かなどを吟味する。
 イ 散布図 − 問題となっている不良を現象や原因で分類し、整理する。
 ウ パレート図 − ある製品の品質特性値の分布を知るため、特性値を記録する。
 エ ヒストグラム − 問題とする特性とそれに影響すると思われる要因との関係を
  整理する。
第13問(H23)
 TQM推進の段階に至る順序として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 @ 具体的な個別問題の解決
 A 制度、運営面での問題の解決
 B 潜在的な問題の抽出と解決
 C 他社とのベンチマーキング、劣位項目の抽出

[解答群]
 ア @ → A → B → C
 イ @ → A → C → B
 ウ A → @ → B → C
 エ A → @ → C → B
第14問(H23)
 生産・販売活動における在庫に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 安全在庫は、経済的理由から補充量をまとめることによって発生する在庫で、
  その低減方法に段取りの費用や発注の費用の削減がある。
 イ エシェロン在庫は、需要と供給の不確実性が原因で保有する在庫で、その低減
  方法に調達リードタイムの短縮や予測精度の向上がある。
 ウ 見越し在庫は、需要の波のために必要となる在庫で、その低減方法に販売キャ
  ンペーンや低需要期の価格割引などによる需要の波の平準化がある。
 エ ロットサイズ在庫は、多段階在庫システムにおいて対象とする在庫点とその下
  流にある在庫の合計で、末端に生じた変化をリアルタイムに各在庫点に波及させ
  て表現できる。
第15問(H23)
 標準時間の算定法に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア PTS法では、長時間の作業の標準時間を簡便に算定することができる。
 イ 経験見積法では、余裕時間を必ず別途算定しなければならない。
 ウ 実績資料法では、精度の高い標準時間を得ることができる。
 エ ストップウォッチ法では、レイティングを行う必要がある。
第16問(H23)
 生産システムにおける作業者の分析手法に関する記述として、最も不適切なもの
はどれか。

 ア 組立工程における作業者の手の動きを分析するために、作業者工程分析を実施
  する。
 イ 作業者の1日の作業内容と作業状況を分析するために、連続稼動分析を実施す
  る。
 ウ 作業者の移動に関する問題を抽出するために、ストリングダイヤグラムを作成
  する。
 エ 設備オペレータの適正な設備担当台数を検討するために、連合作業分析を実施
  する。
第17問(H23)
 ワークサンプリングを使って、出現率がρと予想される作業を、信頼度95%、
絶対誤差αで推定するために必要なサンプル数nは次式で与えられる。
第17問図
 出現率ρが0.5と予想される作業を、信頼度95%、相対誤差0.1(絶対誤差でな
いことに注意)で推定するために必要なサンプル数として、最も近い値はどれか。

 ア 100
 イ 400
 ウ 700
 エ 1,000
第18問(H23)
 生産保全の観点から見た保全活動の実施に関する記述として、最も不適切なもの
はどれか。

 ア 偶発故障期にある設備の保全体制として、定期保全を実施する。
 イ 初期故障期にある設備の保全体制として、改良保全を実施する。
 ウ 新設備の初期故障期における故障発生を抑制するために、保全予防を実施す
  る。
 エ 摩耗故障期にある設備の保全体制として、予知保全を実施する。
第19問(H23)
 個別受注生産での改善施策に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 受注製品ごとの進度管理の制度を高めるために、追番管理方式を導入する。
 イ 受注製品の納入リードタイムを短縮するために、設計部門と製造部門の業務を
  同時並行で行うコンカレントエンジニアリングを採用する。
 ウ 製品仕様の変更や追加要求を回避するために、客先との間で取り交わす製品仕
  様書の記入内容を再吟味する。
 エ 部材調達費の抑制や量産効果を得るために、部品や中間製品の共通化・汎用化
  を図る。
第20問(H23)
 製造物責任法(PL法)に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 製造業者が利用者に製造物を引き渡した時点から5年で、損害賠償の請求権の
  時効が成立する。
 イ 製造物責任法の適用対象物の中には、コンピュータ・ソフトウェアも含まれ
  る。
 ウ 製造物の欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、製造業者
  は、過失の有無にかかわらず、損害を賠償する責任がある。
 エ 製造物の輸入業者は、製造物責任法によって賠償の責任を問われることはな
  い。
第21問(H23)
 食品の衛生管理システムであるHACCP(Hazard Analysis and Critical Control
 Point)の12手順が以下に示されている。空欄A〜Cと記述群の@〜Bの組み合わ
せとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

  <HACCPの12手順>
   1.専門家チームを編成する。
   2.製品の仕様、特性について記述する。
   3.食べ方、使用法について確認する。
   4.□ A □
   5.製造工程を現場で確認する。
   6.危害分析を行う。
   7.□ B □
   8.管理基準を設定する。
   9.□ C □
   10.改善措置の方法を設定する。
   11.検証方法を設定する。
   12.記録の維持管理方法を決める。

 【空欄に入る記述群】
  @ モニタリング方法を設定する。
  A 製造工程をフローダイヤグラムに書く。
  B 重要管理点(CCP:Critical Control Points)を決定する。

[解答群]
 ア A:@  B:A  C:B
 イ A:A  B:@  C:B
 ウ A:A  B:B  C:@
 エ A:B  B:A  C:@
第22問(H23)
 都市計画法の用途地域において立地可能な集客施設の例として、最も不適切なも
のはどれか。

 ア 準工業地域に計画された床面積20,000uのショッピングモール
 イ 準住居地域に計画された床面積10,000uのショッピングセンター
 ウ 商業地域に計画された床面積3,000uのシネマコンプレックス
 エ 第一種住居地域に計画された床面積5,000uの総合スーパー
第23問(H23)
 大規模小売店舗立地法の届出を行ったことのある大型店が届出事項を変更しよう
とする際、届出が必要な事例として、最も適切なものはどれか。

 ア 駐輪場の収納台数を増加させるとき。
 イ 店舗面積の増加分が、届出済面積の0.1倍もしくは1,000uを超えないと
  き。
 ウ 廃棄物等の保管施設の容量を増加させるとき。
 エ 閉店時刻を繰り下げるとき。
第24問(H23)
 経済産業省が実施した「平成19年商業統計調査」から確認できる全国の小売商店
の立地傾向に関して、次の文中の空欄A〜Dに入る最も適切なものの組み合わせを
下記の解答群から選べ。

 総合スーパーの□ A □は、商店数、年間商品販売額ともに平成14年調査に
比べて増加しており、これまで総合スーパーの代表的な立地環境であった
□ B □と並ぶ主要な立地環境へと移行しつつある。また、コンビニエンススト
アの商店数を立地別にみると□ C □が最も多いが、□ D □、工業地区、
その他地区の割合が高まっている。

[解答群]
 ア A:駅周辺型     B:ロードサイド型
   C:オフィス街地区  D:住宅地区
 イ A:駅周辺型     B:ロードサイド型
   C:住宅地区     D:オフィス街地区
 ウ A:ロードサイド型  B:駅周辺型
   C:オフィス街地区  D:住宅地区
 エ A:ロードサイド型  B:駅周辺型
   C:住宅地区     D:オフィス街地区
第25問(H23)
 経済産業省が提唱する環境配慮型小売(エコストア)に関する説明として、最も不
適切なものはどれか。

 ア カーボンオフセット付きプライベートブランド商品を開発する。
 イ 店舗の照明を発光ダイオードからハロゲンランプに切り替える。
 ウ 風力発電や太陽光発電等の新エネルギーを導入する。
 エ レジ袋を有料化し、「マイバッグ」の利用を呼びかける。
第26問(H23)
 食料品等の日常の買い物が困難な状況におかれる人々が増加している。これらの
人々を一般に「買い物弱者」という。このような状況が発生した背景として、最も不
適切なものはどれか。

 ア 商圏人口が減少したことによって、中小小売業だけでなく大規模小売業にお
  いても経営が成り立ちにくくなったこと。
 イ 地域公共交通機関の廃止や運行の本数の削減により、交通機能が弱体化したこ
  と。
 ウ 中小小売業者の高齢化や後継者難などにより、閉店する店舗が増加したこと。
 エ 日本の食料品自給率が、他の先進国に比べて低いこと。
第27問(H23)
 インターネットの普及に伴って、商品の仕入れなどに電子商取引が活用される
ようになった。複数の売り手と複数の買い手が参加する電子商取引市場である
e-マーケットプレイスに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア e-マーケットプレイスでは、買い手は複数の売り手の価格を比較できる。
 イ e-マーケットプレイスは、スポット取引に向いていない。
 ウ e-マーケットプレイスへの参加は、買い手にとっての取引機会の拡大につな
  がる。
 エ e-マーケットプレイスへの参加は、調達コスト削減につながる。
第28問(H23)
 PI(Purchase Incidence)値に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア PI値は、顧客ロイヤルティの分析に役立てることができる。
 イ PI値は、商品のライフサイクルの判断に役立てることができる。
 ウ PI値は、店舗間で比較することによって、売り場の改善に役立てることがで
  きる。
 エ ある商品のPI値が判明している場合、来客数の予測に基づいてその商品の販
  売数量を予測することができる。
第29問(H23)
 ある小売店では、当月売上高予算250万円、年間売上高予算2,400万円、年間予
定商品回転率が6回転である。この場合に、基準在庫法によって月初適正在庫高を
算出するといくらになるか。最も適切なものを選べ。

 ア 400万円
 イ 450万円
 ウ 500万円
 エ 600万円
 オ 650万円
第30問(H23)
 次の文中の空欄に入る最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 ある店舗のTシャツの売価は、500円、980円、1,200円、1,980円、2,500円
であり、1カ月当たりの販売点数はそれぞれ、25点、30点、28点、35点、18点
であった。このとき、プライスポイントは□   □である。

[解答群]
 ア 5つ
 イ 28点
 ウ 500円〜2,500円
 エ 1,200円
 オ 1,980円
第31問(H23)
 商品の陳列は、大きく補充型陳列(オープンストック)と展示型陳列(ショーディ
スプレイ)に分けられる。補充型陳列と展示型陳列に関する記述として、最も不適
切なものはどれか。

 ア ゴンドラを用いて補充型陳列をする場合は、前進立体陳列や先入れ先出し法を
  実施することが重要である。
 イ 展示型陳列におけるスタンド陳列とは、マネキンに衣料などを着せて展示する
  陳列方法である。
 ウ 展示型陳列におけるステージ陳列では、テーマにふさわしい商品を組み合わせ
  て提案することが重要である。
 エ 補充型陳列は、一般的に購買頻度が高い定番的な商品を効率的に補充し、継続
  的に販売するための陳列方法である。
第32問(H23)
 商品予算計画に関する算出数値として、最も不適切なものはどれか。

 ア 1,800円で仕入れた商品を売価値入率25%で販売する場合、販売価格は
  2,400円である。
 イ ある小売店の1年間の粗利益率が1,300万円、年間平均在庫高(原価)が500万
  円である場合、GMROIは260%である。
 ウ ある商品の売上高粗利益率が30%であり、商品回転率が6回転である場合
  に、交差主義比率は5%である。
 エ 期首商品棚卸高600万円、期末商品棚卸高400万円、年間売上高3,000万円の
  場合に、商品回転率を求めると、6回転である。
第33問(H23)
 わが国で運用されている一括物流センターに関する記述として、最も不適切なも
のはどれか。

 ア 一括物流センターでは、出荷時に小売店舗側に事前出荷明細を送信することに
  より店舗側での検品の負担を減らすことが可能である。
 イ 一括物流センターでは、特定小売チェーン専用の物流センターの運営を3PL
  (Third Party Logistics)事業者が受託する場合が多い。
 ウ 一括物流センターの機能には、在庫型センター(DC)機能と通過型センター
  (TC)機能がある。
 エ カテゴリー納品を効率的に行うためには、ベンダーで店舗別にあらかじめ仕分
  けされたものを通過型センター(TC)で荷合わせする必要がある。
 オ 在庫型センター(DC)では、特定の卸売業者が運営を受託する場合、他の販売
  業者の在庫を共同保管し一括物流を実現する。
第34問(H23)
 加工食品などの最寄品の流通で、定番商品と特売商品を分離し、特売商品を事前
に取り決めた販売促進計画に従って発注する方式を導入する場合がある。この定
番・特売分離発注方式を導入した場合に期待される効果に関する記述として、最も
不適切なものはどれか。

 ア 定番商品の小売店頭での欠品率の引き下げ
 イ 定番商品の発注から店舗納品までのリードタイムの短縮
 ウ 定番商品の物流センターでの在庫削減
 エ 特売商品の物流センターでの在庫削減
 オ 特売商品のメーカー倉庫での在庫削減
第35問(H23)
 物流センター内の荷役作業に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 出荷件数をパレート分析した結果、Aランクとなった商品を出荷口に近い場所
  に保管することが効率的である。
 イ 取り扱い品目の入れ替わりが頻繁な場合、ハンディ端末による荷役作業は適さ
  ない。
 ウ 納品対象となる品目が特定品目に集中している場合は、シングルピッキング方
  式が適している。
 エ フリーロケーションによる保管管理を行う場合、作業効率は向上するが保管効
  率は低下する。
第36問(H23)
 輸送管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 小売チェーンのドミナント出店戦略は、物流センターから店舗への商品配送効
  率の向上に有効である。
 イ 仕入先ごとの納品から共同配送に切り替えると物流サービス水準は低下する。
 ウ 仕入先から小売専用物流センターへの1回当たりの納品量が多く納品頻度が低
  い場合は、当該センターから仕入先を巡回し、集荷する方式が適している。
 エ 輸送における運行効率は、実働率と積載効率の積として求められる。
第37問(H23)
 ユニットロードシステムの導入効果に関する記述として、最も不適切なものはど
れか。

 ア 国際複合一貫輸送が可能になる。
 イ コンテナやパレットの滞留や偏在を防止することが可能になる。
 ウ 出荷地点から着地点まで荷姿を崩すことなく納品することが可能になる。
 エ 荷役機械の活用により荷役作業の自動化・省力化が可能になる。
 オ 包装費の削減や貨物の破損の防止が可能になる。
第38問(H23)
 物流センター内でのLSP(Labor Scheduling Program)の活用に必要な情報に関す
る記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 入出庫数量の変動に連動しない固定作業の情報
 イ 入出庫予定数量情報
 ウ 在庫の保管ロケーション情報
 エ 配送先の立地に関する情報
 オ 物流センター作業の標準時間情報
第39問(H23)
 POSシステム導入の直接的な狙いについて、最も適切なものの組み合わせを下
記の解答群から選べ。

 a 顧客の囲い込み
 b 個人情報の保護
 c 従業員による不正の防止
 d 受発注業務の効率化
 e 伝票処理業務の合理化

[解答群]
 ア aとb
 イ aとd
 ウ bとc
 エ cとe
 オ dとe
第40問(H23)
 EDIに関する説明として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選
べ。

 a 伝票をOCR処理して電子化する場合は、EDIの一形式と考えられる。
 b XML形式でデータ交換を行う場合、ブラウザ操作などの人手を介する必要が
  ある。
 c 企業固有の独自仕様でなく標準的なデータ形式を用いる場合を、オープン
  EDIという。
 d 電子メールにファイルを添付しデータ交換を行う場合を、e-mail EDIとい
  う。

[解答群]
 ア aとb
 イ aとd
 ウ bとc
 エ bとd
 オ cとd
第41問(H23)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

 スーパーW店では、ある期間の来店客1,000人分のPOSデータを用いて、1回
の買い物で同時に購入する商品の組み合わせを分析した。その結果、商品Aの購
入者が200人、商品Bの購入者が150人、両方を購入した者が75人であった。

(設問1)
 「来店客が、商品Aを購入するとき、その何パーセントが商品Bを同時に購入
 するか」を計算したとき、その結果として、最も適切な値はどれか。

 ア  7.5%
 イ 37.5%
 ウ 50.0%
 エ 60.0%
 オ 75.0%
(設問2)
 この結果から、「商品Aを購入する客は、同時に商品Bを購入する」という
「ルール」が有効であるかどうかを検討したい。分析結果を評価する指標のひとつ
である「信頼度(コンフィデンス)」に関する記述として、最も適切なものはどれ
か。

 ア 期間内の来店客のうち、「商品Aと商品Bを同時に購入する客」の割合、つ
  まり「ルール」を満たす客が出現する割合。
 イ 「期間内の来店客のうち、商品Aと商品Bを同時に購入する客の割合」÷「商
  品Aを購入する客が商品Bを同時に購入する割合」の値。
 ウ 商品Aを購入する客は、商品Aを購入しない客に比べて、商品Bを購入す
  る割合がどれくらい高いかを示す指標。
 エ 商品Aを購入する客の何パーセントが商品Bを購入しているか、を計算し
  た値。
第42問(H23)
 POSシステムにおけるPLU(Price Look Up)方式に関する記述として、最も不適
切なものはどれか。

 ア JANシンボルの最初の2桁(プレフィクス)に、20〜29、02が用いられる場合
  は、JANシンボルの中に売価が必ず表示されている。
 イ 生鮮食品のような量り売り商品で、価格が個々に異なるものでは、PLU方式
  ではなく、NonPLU方式が使用されることが多い。
 ウ 製造・出荷段階でJANシンボルが印刷されない商品の場合、NonPLUコード
  だけでなく、PLUコードの利用も可能である。
 エ 製造・出荷段階でJANシンボルが印刷される商品の場合、JANシンボルの中
  に売価が表示されないPLUコードを利用する。