この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H19)
管理目標に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 稼働率とは、人または機械における就業時間もしくは拘束時間に対する稼働可
 能な時間との比率のことである。
イ 仕事量とは、仕事を遂行するために必要な単位時間あたりの仕事の負荷量のこ
 とである。
ウ 付加価値とは、製品またはサービスの価値のなかで、顧客にとって有効な価値
 のことである。
エ リードタイムとは、発注してから納入されるまでの時間、あるいは、素材が準
 備されてから完成品になるまでの時間のことである。
第2問(H19)
 システマティック・レイアウト・プランニングに関する分析として、最も不適切
なものはどれか。

ア P−Q分析
イ アクティビティ相互関係の分析
ウ 基準日程の分析
エ 物の流れの分析
第3問(H19)
 製品開発に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 機能設計は、製品企画段階で行われる活動である。
イ 組立図は、構成部品とそれらの関連の状態を表現した図である。
ウ 製品開発には一般に、製品企画、製品設計、生産設計、生産の立ち上げに関す
 る活動、生産が開始されてからの生産量の変動への対応が含まれる。
エ 製品寿命とは、一つの製品の企画・設計段階から、製品が完成するまでの期間
 をいう。
第4問(H19)
 コンピュータによる設計生産支援システムに関する次の文中の空欄A〜Cに入
る、最も適切な用語の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 □ A □は、製品の形状などのデータから構成されるモデルを、コンピュータ
の内部に作成し、解析することにより進められる。□ B □は、□ A □で作
成されたデータをもとに、生産に必要な情報を生成し、生産する方式である。
□ C □は、それらの情報を統合的に処理し、製品品質、製造工程などを解析評
価する方式である。

[解答群]
ア A:CAD   B:CAM   C:CAE
イ A:CAD   B:CAM   C:CIM
ウ A:CAM   B:CAD   C:CAE
エ A:CAM   B:CAD   C:CIM
第5問(H19)
 職務設計に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 受け持ちの仕事の範囲を広げたり、仕事の種類を多様化することは、職務転換
 (job rotation)にあたる。
イ 同じ職場のメンバー間での応援や、協力、交替ができるようにすることは、集
 団作業化(grouping)にあたる。
ウ 質的に高度の仕事を与えたり、工程の設計や改善ができるようにすることは、
 職務拡大(job enlargement)にあたる。
エ 生産状況に応じて受け持ちの仕事を変えることは、職務充実(job enrichment)
 にあたる。
第6問(H19)
 次に示す作業者の動きを、作業者工程分析により、分析記号○、□、▽、⇒を用
いて分析した。○記号の数として、最も適切なものはどれか。

[作業者の動き]
 @ 部品を取りに部品棚まで移動する。
 A 部品棚にある部品箱を開け、部品を取り出す。
 B 部品を持って作業ステーションへ移動する。
 C 部品の長さと直径の検査をする。
 D 部品を中間製品へ取り付ける。
 E 部品をネジで中間製品へ固定する。
 F ネジに塗料を塗る。
 G 塗料が乾くまで待つ。
 H 塗料が乾いたことを確認する。
 I 中間製品を次の作業ステーションへ運ぶ。

ア 1個   イ 2個   ウ 3個   エ 4個
第7問(H19)
 作業現場における5Sに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 「気がついたときに、機械についている汚れを拭いている」、これは、「清潔」で
 ある。
イ 「捨ててよいものと保管しておくものの区別をするために、ルールを作り守る
 ようにした」、これは、「しつけ(躾)」である。
ウ 「机の上にあった書類の中でいらないものを廃棄した」、これは、「整頓」である。
エ 「机の上の文房具を取りやすいように並べて立てておくことにした」、これは、
 「整理」である。
第8問(H19)
 設備総合効率を求めるときに必要な項目として、最も不適切なものはどれか。

ア 時間稼働率
イ 性能稼働率
ウ 付加価値率
エ 良品率
第9問(H19)
 作業研究において、次の図の網掛けで示される作業領域の名称として、最も適切
なものはどれか。
問9の図
ア 最大作業域
イ 座り作業可能域
ウ 正常作業域
エ 標準作業域
第10問(H19)
 環境ラベル及び宣言−自己宣言による環境主張(JIS-Q-14021、ISO 14021)に関す
る記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 「環境に安全」、「環境に優しい」という「環境主張」は、許されている。
イ この規格で規定しているシンボルは、三角形を形成する互いに追いかける三つ
 の曲がった矢の形をしたメビウスループである。
ウ 製品、包装またはそれらの構成要素が、生分解して比較的均質で安定な腐植質
 の物質を生成することをコンポスト化可能という。
エ リサイクル材料含有率(%)は、(リサイクル材料の質量/製品の質量)×100に
 より算出される。
第11問(H19)
 品質検査の目的として、最も不適切なものはどれか。

ア 検査によって得られた品質情報を関係部門に提供し、不良品や不良ロットの発
 生の予防に役立てること。
イ 納入された品物について、要求された数量の存在を確認すること。
ウ 納入者に対して良い品物を提供しようとする意欲をもたせること。
エ 不良品や不良ロットが次工程や顧客、消費者に引き渡されることがないように
 保証すること。
第12問(H19)
 工程計画は、製品設計が完了した後、製品の技術的、方法的および空間的な変換
過程を計画することである。工程計画の手順として、最も適切なものはどれか。

ア 工程設計 → 工程レイアウト設計 → 工程間の物流設計 → 作業設計
イ 工程設計 → 工程レイアウト設計 → 作業設計 → 工程間の物流設計
ウ 工程設計 → 作業設計 → 工程間の物流設計 → 工程レイアウト設計
エ 工程設計 → 作業設計 → 工程レイアウト設計 → 工程間の物流設計
第13問(H19)
 購買管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 購買計画は、購買方針、生産計画に基づいて、購入する品目、数量、納期、予
 算などを決める活動である。
イ 購買は、生産または営業に必要な設備、原材料、部品、消耗品などを購入する
 活動である。
ウ 購買費用は、資材等の購入のために発生する費用をいい、人件費、運搬費、受
 け入れ検査費などが含まれる。
エ コック倉庫方式は、毎月継続するような標準品などを購買先の倉庫に預け、納
 入すると同時に買い付けをしたとする購買方式である。
第14問(H19)
 2つの工程が直列に連結された生産ラインにおいて、3種類の製品A、B、Cを
投入順序[A、B、C]でサイクリックに連続生産している。ただし、工程間に在庫
スペースはなく、第1工程で作業を完了したものが第2工程に引き取られるまで、
第1工程では次の作業を開始することができないものとする。
 次の表に示される作業時間に対して、1サイクルの時間として、最も適切なもの
はどれか。
 第1工程第2工程
製品A10
製品B
製品C
ア 21   イ 22   ウ 23   エ 24
第15問(H19)
 高分子材料に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 液晶ポリマーは、高分子物質で液晶性を示すものである。
イ エンジニアリングプラスチックは、力学的強度が高く、耐熱性、耐磨耗性など
 に優れ、金属に代替して使用されるプラスチックである。
ウ 軽くて強く、剛性にも優れた材料として開発された繊維強化プラスチックは、
 スーパーエンプラと呼ばれる。
エ 生分解性プラスチックは、天然素材と同様に自然界の微生物の作用により分解
 する。
第16問(H19)
 日々変動する需要に対して定量発注方式を用いる在庫管理に関する記述として、
最も適切なものはどれか。

ア 一定の発注点と発注量に対し、需要量変動が増加すると、年間の品切れ量は、
 減少する。
イ 一定の発注点と発注量に対し、納入リードタイムが短くなると、年間の品切れ
 量は、増加する。
ウ 一定の発注点に対し、発注量を増加させると、年間の品切れ量は、減少する。
エ 一定の発注量に対し、発注点を高くすると、年間の品切れ量は、増加する。
第17問(H19)
 PERTでは、アクティビティ間に定められた遂行順序に従ってアクティビティを
連結し、一つのアローダイアグラムを作成する。
 次の図の結合点9から結合点10へのアクティビティ(9,10)の最早開始時刻と
して、最も適切なものはどれか。なお、円内の数値は結合点の番号を、結合点i,
j間の矢線上の数値はアクティビティ(i,j)の所要時間を表している。
問17のPERT図
ア 25   イ 26   ウ 27   エ 28
第18問(H19)
 傾向変動のある需要系列の予測モデルとして、最も不適切なものはどれか。

ア 自己回帰モデル
イ 指数関数モデル
ウ 多項式関数モデル
エ 直線モデル
第19問(H19)
 加工と評価に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 加工温度は、加工プロセスの重要な評価項目である。
イ 加工によって生じる副産物の状態とその処理性の良否は、加工における評価対
 象となる。
ウ 長さ、重さ、時間、温度のうち、現在、最も正確に測定できるのは、長さであ
 る。
エ マイクロメータは、工作物の寸法を測定するのに使用される。
第20問(H19)
 セル生産方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア セル型レイアウトでは、GTの原理を適用して類似工作物がグループ化され
 る。
イ セル型レイアウトでは、類似機械がまとめて配置される。
ウ セル生産方式は、多能工を必要としない生産方式である。
エ セル生産方式は、高価な設備が必要な場合に適した生産方式である。
第21問(H19)
 次に示す建築基準法第2条(用語の定義)について、下記の設問に答えよ。

 延焼のおそれのある部分とは、隣地境界線、道路中心線又は同一敷地内の
□ A □以上の建築物(延べ面積の合計が□ B □u以内の建築物は、1の建
築物とみなす。)相互の外壁間の中心線から、□ C □階にあっては□ D □m
以下、□ E □階以上にあっては□ F □m以下の距離にある建築物の部分
をいう。

(設問1)
 文中の空欄AとBに入る最も適切な数値の組み合わせはどれか。

ア A:2  B:100    イ A:2  B:500
ウ A:3  B:200    エ A:3  B:400
(設問2)
 文中の空欄CとDに入る最も適切な数値の組み合わせはどれか。

ア C:1  D:3      イ C:1  D:6
ウ C:2  D:3      エ C:2  D:6
(設問3)
 文中の空欄EとFに入る最も適切な数値の組み合わせはどれか。

ア E:2  F:5      イ E:2  F:10
ウ E:3  F:5      エ E:3  F:10
第22問(H19)
 店舗レイアウトの考え方に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 一般的に、売場の括り(くくり)は、以前は「売る立場」から考えられたものが、
 近年では「買う立場」からも考えられるように変化してきている。
イ 一般的に、すべての階の実際の通行量をそのまま比較することによって、どの
 階のレイアウトがよいかを判断できる。
ウ 客に通路上をできる限り長い距離を歩いてもらえるように、通路は売場内の隅
 から隅へと、最初に大回りしてもらえるように設定することが一般的である。
エ 客にとって商品が見やすく、さわりやすいように、通路が適切に設計されてい
 ることが大切である。
第23問(H19)
 商業施設の一般的な基本計画に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 一般的に、商業施設の駐車場の規模設定は、売場面積に相応した駐車台数を計
 画することが望ましい。駐車台数が少ない場合は、使いやすさと駐車場の回転率
 を高めるような対応も必要となる。
イ 一般的に、商業施設の配置には、敷地の形状・接道状況・施設の規模等を総合
 的に検討した上で、集客を第一とする考え方から、客に分かりやすく安全にアプ
 ローチしやすい計画が望まれる。
ウ 一般的に、商業施設の「バックヤードと共用部」には、荷さばき等の商品管理部
 門、事務室等の事務管理部門、および食堂・ロッカールーム等の従業員厚生部門
 の諸室が含まれる。
エ 商業施設の床面積を「売場」と「バックヤードと共用部」とに配分するとき、その
 割合は、スーパーマーケットや百貨店および集合専門店に共通して50:50にす
 ることが一般的だとされている。
第24問(H19)
 小売店舗におけるLSP(Labor Scheduling Program)に関する記述として、最も不
適切なものはどれか。

ア LSPの対象は、固定作業と変動作業の両方を含んでいる。
イ LSPはコスト管理が目的であり、販売・仕入計画とは連動しなくてともよい。
ウ LSPは人件費の削減のみならず、顧客サービスの改善も期待できる。
エ LSPを導入するには、店内作業時間の計測が必要である。
オ LSPを導入するには、店内作業内容の標準化が必要である。
第25問(H19)
 ある小売店が定期発注方式を採用している。この小売店の店頭在庫管理政策に関
して、最も不適切なものはどれか。

ア 店頭在庫を圧縮するために、発注間隔を短くし、発注頻度を増やした。
イ 店頭品切れを防止するため、POSデータに基づき販売予測の精度を上げた。
ウ 店頭品切れを防止するため、発注から納品までのリードタイムを短くした。
エ 店頭品切れを防止するため、フェイス数を削減した。
オ ベンダーの欠品を防止するため、ベンダーとPOSデータや在庫データを共有
 した。
第26問(H19)
 小売店の品揃えを診断する方法として、自店のPOSデータによるABC分析結果
と、市場(もしくは他店)のPOSデータによるABC分析の結果を比較する方法があ
る。この品揃え診断技法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 市場POSデータでAランクであっても、自店POSデータでCランクのアイテ
 ムはカット候補とする。
イ 自店POSデータでAランク、市場POSデータでもAランクのアイテムは取扱
 継続候補とする。
ウ 自店POSデータのABC分析のランク付け基準と、市場POSデータのABCの
 分析ランク付け基準は同一とする。
エ 自店POSデータの実績がないが、市場POSデータでAランクのアイテムは新
 規取扱候補とする。
オ ローカルブランド商品やプライベートブランド商品は、評価対象となりにく
 い。
第27問(H19)
 小売業の発注残高統制手法としてのOTB(Open To Buy)に関する記述につい
て、最も不適切なものはどれか。

ア 売上高予算が増加すると、OTBは増加する。
イ 期末在庫高予算が減少すると、OTBは増加する。
ウ 仕入先への返品が減少すると、OTBは減少する。
エ 手持ち在庫高が増加すると、OTBは減少する。
第28問(H19)
 流通業の物流センターにおけるABC(Activity Based Costing)導入に関する記述
として、最も不適切なものはどれか。

ア 商品別の費用分析には利用できるが、配送先店舗別の費用分析には利用できな
 い。
イ 荷受け、ピッキング等の作業ごとに発生費用を把握することができる。
ウ 物流サービスの内容に応じた価格設定が可能となる。
エ 物流センターにおける活動を定義し、処理量や作業時間を測定する必要があ
 る。
第29問(H19)
 ある小売店の平成18年度の営業成績は次の通りであった。下記の設問に答え
よ。

    売上高       1,000百万円
    仕入高         500百万円
    期首棚卸高(原価)   100百万円
    期末棚卸高(原価)   150百万円

(設問1)
 この小売店の平成18年度の粗利益率を求めよ。

ア 45.0%     イ 50.0%     ウ 55.0%    
エ 60.0%     オ 65.0%
(設問2)
 この小売店の平成18年度の月平均商品回転率を求めよ(原価ベースで計算する
こと)。
   
ア 0.250      イ 0.278     ウ 0.300    
エ 0.306      オ 0.375
(設問3)
 この小売店の平成18年度のGMROIを求めよ。

ア 333%      イ 367%     ウ 400% 
エ 440%      オ 550%
第30問(H19)
 最寄り品における消費者の店舗内購買行動に関して、最も不適切なものはどれ
か。

ア 限られた情報で、短時間に意思決定がなされる。
イ 購買直後でも、購買商品に関する記憶はあいまいである。
ウ 購買率の高いカテゴリーほど、売場内滞在時間が長い。
エ 商品購買において、複雑な情報処理を行っているわけではない。
第31問(H19)
 インストア・マーチャンダイジング(以下、「ISM」という。)は、店頭における価
値工学ととらえられている。ISMと、具体的なインストア・プロモーション(以
下、「ISP」という。)に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア ISMにおいては、顧客の計画購買の増加を主眼としている。
イ ISP手法としてのノベルティは、非価格主導型の手法である。
ウ ISPの対象は、消費者の購買行動分析などを踏まえて選定することがよい。
エ ISPは、客単価増加に着目するとともに、1人当たりの買い上げ個数増加を意
 図している。
オ 視認率を高めるために、POPの効果活用およびカラーコーディネート技術の
 活用などに留意すべきである。
第32問(H19)
 消費財の価格弾力性に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア 価格弾力性とは、売価を一定割合変化させたときの販売数量の変化の割合をさ
 す。
イ 価格弾力性の低い商品は、特売が売上金額の増加につながりにくい。
ウ 価格弾力性の低い商品を値引きすることは、プロモーション手段として適して
 いる。
エ 価格弾力性は、カテゴリーの特性やアイテムの商品力によって異なる。
オ 非必需的なアイテムは、価格弾力性が高くなりやすい。
第33問(H19)
 小売業が商品を選定するには、販売面と利益面での期待がある。この中で、利益
面での期待を高める上で必要となる情報に関する説明として、最も不適切なものは
どれか。

ア 競合他店の販売数量実績。
イ 生鮮品や日配品における商品ロス率。
ウ 当該ブランドが属する市場における価格競争の程度。
エ 販売や商品補充に必要な人手や陳列に要する面積などの販売経費の見通し。
オ リベートや販売促進費などを加えた取引条件。
第34問(H19)
 陳列に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア アイランド陳列を行う場合には、顧客の回遊性を損なわないよう留意すること
 が必要である。
イ ジャンブル陳列やアイランド陳列など、陳列に変化をつける方法を総称して変
 化陳列という。
ウ 人体寸法に合わせて、人が無理なく商品を手にとれる高さのことを、ゴールデ
 ン・ゾーンという。
エ 陳列棚の商品区分は、視野にかかわらず横割りが理想的である。
オ 陳列には、商品を豊富に並べる量感陳列と、小物などと並べてテーマや季節感
 を演出する展示陳列がある。
第35問(H19)
 売場における有効な商品配置・売場配賦のために考慮する原則に関して、最も不
適切なものはどれか。

ア 売場における商品カテゴリー別の陳列量は、単位売場面積当たりの売上高が全
 売場について均等になるように決定することが目指される。
イ 売場における商品カテゴリー別の陳列量は、単位売場面積当たりの投資額と、
 単品別の純利益をそれぞれ算定し、投資純利益率がすべての売場において均等に
 なることが目指される。
ウ 関連購買される確率が高い商品を離して配置することで、店内回遊率を高める
 ことができる。
エ 陳列のストーリー訴求やカラー・コンディショニングなどによって、陳列棚全
 体の視認率を高めることができる。
第36問(H19)
 POSシステム導入の直接的な効果として、最も不適切なものはどれか。

ア 従業員による不正の防止
イ 受発注作業の効率化
ウ 精算時間短縮
エ 伝票作業の軽減
第37問(H19)
 次のJANコードに関する記述について、空欄A〜Cに入る最も適切な用語の組
み合わせを下記の解答群から選べ。

 製造業者において、製造・出荷時に□ A □にJANシンボルが印刷されるこ
とが多い。これを□ B □と呼ぶ。これに対して、製造・出荷段階でJANシン
ボルを印刷できない商品に、小売業者がJANシンボルを印刷することがある。こ
れを□ C □と呼ぶ。

[解答群]
ア A:集合包装  B:インストアマーキング C:ソースマーキング
イ A:集合包装  B:ソースマーキング   C:インストアマーキング
ウ A:商品包装  B:インストアマーキング C:ソースマーキング
エ A:商品包装  B:ソースマーキング   C:インストアマーキング
第38問(H19)
 製造業ないし卸売業と小売業の間での商品情報を共有するための基盤として期待
されるGDS(Global Data Synchronization)に関する記述として、最も不適切なも
のはどれか。

ア GDS普及の阻害要因の1つとして、標準化された商品マスターが登録される
 データベースに接続するためのシステム投資が、新たに必要となる点が指摘され
 ている。
イ 卸売業や小売業では、各社独自の商品マスター管理が不要になることから、コ
 ストダウン効果が期待されている。
ウ 商品マスターの独自性が損なわれることから、小売業の競争力が損なわれる恐
 れが懸念されている。
エ 標準化された商品マスターを一括管理するための費用負担をどうするかという
 課題を克服する必要がある。
第39問(H19)
 EDIを実施する上で注意すべき法律に関する記述として、最も不適切なものは
どれか。

ア いわゆる「IT書面一括法」では、電子的手段による書面交付や手続きが認めら
 れたため、EDIの対象範囲が広がったと考えることができる。
イ いわゆる「個人情報保護法」では、EDIを通じて交換されるデータに契約担当
 者等の情報が含まれる場合、それらは個人情報となるため、それらの取り扱いに
 留意しなければならない。
ウ いわゆる「電子契約法」では、契約の成立時点を承諾通知が到達した時点と規定
 しているため、EDIの場合、郵送等の方法とは契約成立時期が異なることにな
 る。
エ いわゆる「電子帳簿保存法」では、自らが作成したデータのみを保存対象と規定
 しているため、相手先から受信したデータは保存しなくてよい。
第40問(H19)
 Web技術を利用したWeb−EDIに関する記述として、最も不適切なものはどれ
か。

ア 大量データの送受信では、従来のEDIの方が効率的であることが多い。
イ 取引情報における意味情報が発注企業ごとに異なるため、社内システムとの連
 動が難しい。
ウ 標準化が進んでいないために、取引先ごとに画面が異なる「多画面現象」が生じ
 ている。
エ ユーザーインターフェースの向上がみられたものの、送受信可能なデータ形式
 は従来のEDIと変わらない。
第41問(H19)
 RFID(Radio Frequency Indentification)などの電子タグに関する記述として、最
も不適切なものはどれか。

ア EDIとの連携を展開していく場合、EDIメッセージ項目変更などが今後の課
 題となる。
イ 事前出荷通知データと入荷製品とを自動照合するためには、少なくとも電子タ
 グ導入時にEDIを実現しておく必要がある。
ウ 電子タグを導入する際には、取り込むデータ内容が業界ごとに標準化されてい
 るので、その標準に準拠する必要がある。
エ 電子タグを利用することで、商品に接触することなく、商品情報を読み取るこ
 とができるため、作業の効率化が期待できる。