この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H17)
 生産計画システムに関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記
の解答群から選べ。

 a 生産能力、需要予測量、在庫水準は、総合生産計画(APP:Aggregate
    Production Planning)の重要なインプットである。
 b 資材所要量計画(MRP:Material Requirements Planning)は、個々の部品や原
  材料の生産量や購入量とその必要時期を決定する。
 c 部品構成表(BOM:Bill of Materials)は、製品のタイプ、ファミリー、アイテ
  ムの関係を示したものである。
 d マスタープロダクションスケジュール(MPS:Master Production Schedule)
  は、各製品ファミリーの生産量を計画したものである。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第2問(H17)
 1種類の製品を対象にしたラインバランシングに関する次の記述のうち、最も適
切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 最低限必要な作業ステーション数は、サイクルタイムが一定ならば、製品1個
  あたりの作業時間の総和が増えるほど多くなる。
 b バランスロスの値は、同一の製品の下では、作業ステーション数が増えると大
  きくなる傾向がある。
 c サイクルタイムおよび作業ステーション数が一定の下では、各作業ステーショ
  ンへの作業の負荷を均等に近づけるほど編成効率の値は高くなる。
 d サイクルタイムは、生産ラインの前半と後半で同一である必要はない。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ aとd  エ bとc  オ cとd
第3問(H17)
 運搬に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から
選べ。

 a バラ置きは、運搬するためには最も悪い置き方であり、改善の余地が大きい。
 b 物品を移動するために必要な取り扱いの手間の数を運搬活性度係数という。
 c ユニットロードとは、1単位の荷物を運搬することである。
 d 運搬工程分析では、対象物の置かれている状態を表す「台記号」が用いられる。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとd  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第4問(H17)
 時間観測に用いられるレイティングに関する次の記述のうち、最も適切なものの
組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a レイティングとは、時間観測時の作業時間と標準時間とを比較し、現状作業を
  評価することである。
 b レイティング係数が120の作業は、基準とする作業ペースより速いペースであ
  る。
 c レイティングの手法は一般に、評価を行う人の訓練を必要とする。
 d レイティングの対象となる作業者は、データの用途にかかわらず、その作業に
  ついて熟練していなければならない。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ aとd  エ bとc  オ cとd
第5問(H17)
 発注量を決める次式の空欄A、Bに最も適切なものの組み合わせを下記の解答群
から選べ。

 発注量=(調達期間+発注間隔)中の予測需要量−□A□−手持在庫残+□B□

 [解答群]
  ア A:安全在庫量   B:発注残
  イ A:受注残     B:発注残
  ウ A:発注残     B:安全在庫量
  エ A:引当残     B:安全在庫量
  オ A:引当残     B:発注残
第6問(H17)
 工作機械の用途に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の
解答群から選べ。

 a 試作モデルと同一の輪郭を持つように工作物を削るためには、ならい旋盤が使
  用される。
 b レーザーを用いて工作物を加工するためには、放電加工機が使用される。
 c 工作物の穴あけをするためには、ホーニング盤が使用される。
 d 工作物の平面削りや溝削りをするためには、フライス盤が使用される。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとd  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第7問(H17)
 生産機械の制御や機械を用いた生産システムに関する次の記述のうち、最も適切
なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 工作機械やロボットなどの制御に用いられるサーボ機構では、電流や電圧など
  の電気量を制御量としている。
 b 機械加工におけるセル生産方式では、グループテクノロジーの手法を用いて部
  品および機械をグループ化し、セルを構成する。
 c 工作機械の数値制御(NC)は、コンピュータを機械に組み込んだCNCから、生
  産管理用コンピュータと数値制御システムとの間でデータを分配する階層システム
  (DNC)へと発展している。
 d コンピュータ上に製品のモデルを構築して進める設計をCAMと呼び、そのモ
  デルの情報を加工機械などに直接インプットする生産方式をCADと呼んでい
  る。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第8問(H17)
 次の3段階在庫システムに示された各在庫点の在庫量および配送中の量に対し
て、在庫点1、2、3のエシェロン在庫として最も適切なものの組み合わせを、下
記の解答群ア〜オから選べ。
 [解答群]
 在庫点1在庫点2在庫点3
302010
303020
403010
804010
805020
第9問(H17)
 2段階のフローショップ工程の生産スケジュールを示した次のガントチャートにお
ける5つのジョブの工程間での仕掛時間の合計を、下記の解答群から選べ。
[解答群]
ア 5   イ 10   ウ 15   エ 20   オ 25
第10問(H17)
 需要予測に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合せを下記の解答群
から選べ。

a 単純移動平均法は、需要の時系列データの不規則変動部分を平準化することに
 着目した予測法である。
b 単純移動平均法では、使用する時系列データの数を多くすれば、予測値はデー
 タ変化に迅速に反応する。
c 単純指数平滑法は、移動平均値を作成するために過去の時系列データに指数型
 の重みを適用する予測法である。
d 単純指数平滑法では、平滑化乗数の値を小さくすれば、予測値はデータ変化に
 迅速に反応する。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第11問(H17)
 管理図に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群か
ら選べ。

 a 管理限界線の設定では、いずれの管理図でも品質特性値が正規分布に従うと仮
  定されている。
 b サンプルサイズを大きくすると、工程平均などの小さな変化が検出できなくな
  る。
 c 管理限界は、工程のばらつきを反映したもので、製品の規格値とは無関係であ
  る。
 d 第1種の過誤は、工程が本当は管理状態にあるときに管理状態でないと推測す
  る誤りである。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第12問(H17)
 環境基本計画における廃棄物・リサイクル対策に関する次の文中の空欄A〜Cに
最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 「廃棄物・リサイクル対策については、『循環型社会形成推進基本法』の定める優
先順位に基づき推進します。すなわち、第一に廃棄物等の発生の抑制を図ります。
第二に発生した循環資源は製品や部品としての□ A □を図ります。第三に
□ A □されない循環資源は原材料としての□ B □を図ります。第四に
□ A □及び□ B □がされない循環資源については□ C □を図ります。
第五に循環的な利用が行われない循環資源は適正に処分します。」

 [解答群]
  ア A:熱回収   B:再生利用   C:再使用
  イ A:熱回収   B:再使用    C:再生利用
  ウ A:再生利用  B:熱回収    C:再使用
  エ A:再使用   B:熱回収    C:再生利用
  オ A:再使用   B:再生利用   C:熱回収
第13問(H17)
 工程管理システムに関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記
の解答群から選べ。

 a 常備品による管理方式では、計画に対する生産の進み遅れが明確になり、部品
  の生産数量の過不足が防止される。
 b 製番による管理方式では、不要不急な部品や製品を生産しないことから、見込
  在庫は発生しない。
 c 追番による管理方式は、完成品の生産数量を累積生産台数で管理する。
 d MRPによる管理方式は、特定の製品に対して半組立品や部品を対応させて管
  理する。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第14問(H17)
 建築基準法第61条に関して、次の文中の空欄A、Bに最も適切なものの組み合
わせを下記の解答群から選べ。

 防火地域内においては、階級が□ A □以上であり、又は延べ面積が
□ B □uを超える建築物は耐火建築物とし、その他の建築物は耐火建築物又
は準耐火建築物としなければならない。(以下省略)

 [解答群]
  ア A:2  B:100
  イ A:2  B:200
  ウ A:3  B:100
  エ A:3  B:200
第15問(H17)
 都市計画法第4条に関して、次の文中の空欄に最も適切なものを下記の解答群か
ら選べ。

 この法律において「都市計画」とは、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るため
の□   □、都市施設の整備及び市街地開発事業に関する計画で、(以下省略)。

 [解答群]
  ア 街区活用
  イ 空間利用
  ウ 土地利用
  エ 用途活用
第16問(H17)
 店舗施設の考え方に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 一般的に店舗の間口が狭いよりも広い方が出入口の客動線がよくなる。
 イ 売場のレイアウトを考える際には、動線計画(歩きやすく)、商品構成(見やす
  く)、販売形態(買いやすく)を整理することが重要である。
 ウ 商品の陳列の高さに関しては、中・大規模店舗でも小規模店舗でも、可能なか
  ぎり天井近くまで高く上積みして商品のボリュームをできるだけ大きく見せるこ
  とが良いとされている。
 エ 商品の有効な陳列の高さは、人が立った状態で軽く商品に手が触れる範囲の、
  床から70〜125cm程度が最良とされている。
第17問(H17)
 商業施設の工事の見積もりについての記述で、最も不適切なものはどれか。

 ア VE(Value Engineering)とは英国で生まれた経営工学手法の一つで、機能・品質
  を落として工事コストを下げる手段の一つである。
 イ 概算積算とは過去の工事実績資料・統計資料などをもとに、おおづかみに工事
  費を算出することをいう。
 ウ 工事の見積もりは、一般的に、設計作業が20%進んだ段階で、見積コストの
  80%程度が決まってしまうといわれている。
 エ 明細積算とは完成した設計図書に基づいて、数量をより正確に算出、集計し、
  明細書を作成して、全体の工事費を算出することをいう。
第18問(H17)
 ある小売店の平成16年度の決算は以下の結果であった。
 下記の設問に答えよ。

   売 上 高   800百万円
   期首棚卸高    30百万円
   仕 入 高   600百万円
   期末棚卸高    40百万円
   販売管理費   250百万円

(設問1)
 この小売店におけるこの期間の平均在庫日数を求めよ(小数点第1位を四捨五
入せよ)。なお、この小売店はほぼ毎日発注を行っていて、期間中の在庫量は一
定の割合で増加する傾向にあったものとする。

ア 15   イ 17   ウ 21   エ 22   オ 25
(設問2)
 この小売店におけるこの期間のGMROIを求めよ(小数点第1位を四捨五入せ
よ)。

ア 500%   イ 525%   ウ 571%   エ 600%   オ 700%
第19問(H17)
 次の文中の空欄に最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 店舗間でPOSデータを比較分析する際の基本的な指標に、PI(Purchase
Incidence)値がある。PI値とは、販売点数または販売金額を□  □で除して調
整した数値である。

 [解答群]
  ア 顧客カード数
  イ 在庫点数または在庫金額
  ウ 商圏内人口
  エ 商圏内の販売点数または販売金額(市場規模)
  オ レシート枚数
第20問(H17)
 カテゴリー・マネジメントに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア カテゴリー・マネジメントは、ECR活動の一部である。
イ カテゴリー・マネジメントは、小売業者と供給業者の協働による取り組みであ
 る。
ウ カテゴリー・マネジメントは、小売業のマーチャンダイジング活動の業務プロ
 セスのリエンジニアリングである。
エ カテゴリー・マネジメントは、消費者の商品選択基準に従って区分した商品カ
 テゴリーを戦略的事業単位として、売上高の最大化を図る手法である。
オ カテゴリー・マネジメントは、戦術面では棚割りと店頭販促が重要な要素とな
 る。
第21問(H17)
 チェーンストアの物流センターには、在庫を保有するセンター(在庫型)と在庫を
保有しないセンター(通過型)がある。在庫型センターが通過型センターよりも優れ
ている点を説明した次の記述について、最も不適切なものはどれか。

 ア 在庫型センターは、通過型センターよりも、売場別納品に対応しやすい。
 イ 在庫型センターは、通過型センターよりも、小分け納品に対応しやすい。
 ウ 在庫型センターは、通過型センターよりも、店舗への納品車輌数を少なくでき
  る。
 エ 在庫型センターは、通過型センターよりも、メーカーのセンター直送に対応し
  やすい。
 オ 在庫型センターは、通過型センターよりも、店舗発注から納品までのリードタ
  イムを短くできる。
第22問(H17)
 POSシステムおよびJANコードについて、最も適切なものはどれか。

 ア PLU(Price Look Up)機能を利用して、JANコードに含まれない価格などの商
  品情報をJANコードに対応付けることができる。
 イ POSシステムで使用するJANコードの規格は1種類に統一されている。
 ウ POSシステム導入時にJANコードと商品情報を対応付けた商品マスターを整
  備すると、その後、商品マスターのメンテナンスは必要がない。
 エ 生鮮食品などに店内でコード付けすることをインストアマーキングと呼び、
  JANコードと同じコード体系となっている。
 オ ソースマーキングされているJANコード内容はメーカー側がすべて決めるの
  で、メーカーからJANコード情報を入手しなければならない。
第23問(H17)
 卸売業と小売店におけるEOSについて、最も不適切なものはどれか。

 ア 卸売業では、EOSデータを活用して在庫管理や物流管理の効率化を図ること
  ができる。
 イ 卸売業や小売店におけるデータ送信作業の煩雑さを軽減するには、VAN業者
  を利用することができる。
 ウ 小売店では、作業標準化により、仕入業務を熟知していない社員でも発注でき
  る。
 エ 小売店では、発注から納品までのリードタイムを短縮できる。
 オ 棚札スキャン方式では、棚札の商品バーコードを読み取るだけで在庫量が計算
  されて自動的に発注できる。
第24問(H17)
 卸売業とメーカーの間などで導入されているCRP(Continuous Replenishment
Program)について、最も不適切なものはどれか。

 ア CRPは、発注や受注を行わないで商品補充を実現する方法である。
 イ CRPを導入する前と比べ、多品種少量で配送するケースが増えることが予想
  される。
 ウ 卸売業の物流センターでは、受発注作業や入荷作業などの効率化が期待でき
  る。
 エ メーカー側が卸売業の在庫情報や出荷実績情報などをもとに納品計画を立て
  る。
 オ メーカー側では、納品計画に合わせた生産計画を実行して、作り過ぎを防止す
  ることができる。
第25問(H17)
 流通業におけるICタグの利用について、最も不適切なものの組み合わせを下記
の解答群から選べ。

 a 移動日や輸送先などの流通情報を追加で記録できて、トレーサビリティに活用
  できる。
 b 接触しなくてもICタグ情報を読めるので、物流センターでの仕分けに利用で
  きる。
 c 商品に添付されたICタグ情報を瞬時に複数読むことはできないので、検品作
  業では順番にICタグ情報を読ませなければならない。
 d ICタグを貼った商品をダンボールで梱包するとICタグ情報を読めないので、
  梱包する前に情報を読むことが必要となる。
 e ICタグの表面が汚れても情報を読めるので、パレット管理など屋外でも利用
  される。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとe  ウ bとc  エ cとd  オ dとe