この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H15)
 工場の海外立地の目的に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを
下記の解答群から選べ。

 a 現地向けの製品の生産を相手先国内で行い、海外市場の拡大をねらうため。
 b 日本から輸出する場合に比較して、海外向け製品のコスト削減を図るため。
 c 現地生産の製品を日本に輸入し、円安によるメリットを受けるため。
 d 貿易摩擦や関税障壁などの日本の輸入障害に対して企業の市場防衛を図るた
  め。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとd  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第2問(H15)
 次の条件が与えられたとき、この生産ラインの最小作業ステーション数を下記の
解答群から選べ。

(条 件)
 @ 計画期間内の実働時間は1,000 時間である。
 A 計画期間内に対象とするラインで1品種だけ生産し、その計画期間内に
  2,500 個の生産を行う。
 B この製品1個を生産するための要素作業時間の合計は85分である。

 [解答群]
 ア 2 	イ 3 	ウ 4 	エ 5
第3問(H15)
 次の作業時間の分析に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の
解答群から選べ。

 a 連続観測法は、観測対象の作業内容や稼働状態を継続的に観測する分析手法で
  ある。
 b 瞬間観測法は、多くの観測対象を観測できる分析手法であり、ストップウォッ
  チ法ともいう。
 c メモモーション分析は、通常速度で撮影した映像を遅い速度で再生して分析す
  る手法である。
 d 作業時間の分析に用いられるデシマルミニッツとは、1分間を100に分けた単
  位である。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとd  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第4問(H15)
 線形計画法に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群か
ら選べ。

 a 線形計画法では数式により制約条件を示さなければならない。
 b 線形計画法の解法の1つとしてシンプレックス法(単体法)がある。
 c 目標を最大化する問題に限って解くことができる。
 d 複数の変数同士の掛け算の項がある線形計画問題もある。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ bとc  エ bとd  オ cとd 
第5問(H15)
 次のPERTに関する記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群
から選べ。

 a アローダイアグラムでは、作業はノード(結合点)で表される。
 b どのアロー(矢線)にも必ず正の値がつけられている。
 c 結合点は、最早結合点時刻と最遅結合点時刻をもつ。
 d 全余裕(トータルフロート)が0の作業からクリティカルパスが構成される。

[解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ aとd  エ bとc  オ cとd
第6問(H15)
 あるファミリーレストランでは、問題点を明確にするため、次に示す分析を行う
予定である。問題意識と分析内容が対応している最も適切なものの組み合わせを下
記の解答群から選べ。

 a 料理人の作業内容の概略を把握するために、サーブリッグ分析を行う。
 b 作り始めてから客に届くまでの料理の流れのムダを見出すために、連合作業分
  析を行う。
 c ウェイターやウェイトレスの動作経路を把握するために、フローダイアグラム
  (流れ線図)を描く。
 d 1日の中で、客が店にいる人数とその時間の変化を知るために、流動数分析を
  行う。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ aとd  エ bとd  オ cとd
第7問(H15)
 ISO 9000 における品質マネジメントに関する次の記述の空欄に入る、最も適切
な用語の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 品質マネジメントシステムで□ A □および□ B □を設定し、それを達成
するためのシステムである。品質マネジメントで行う品質に関する指揮および管理
には一般に、上記の設定のほか、□ C □、品質管理、品質保証および品質改善
を含む。

[解答群]
 ア A:品質目標  B:品質計画  C:組織設定
 イ A:顧客満足度 B:品質方針  C:品質目標
 ウ A:品質要求  B:品質方針  C:組織設定
 エ A:品質方針  B:品質目標  C:品質計画
第8問(H15)
 生産の自動化に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解
答群から選べ。

 a ツーリングシステムとは、工具を保管し常に使用できるように管理するための
  システムである。
 b マシニングセンタとは、工具の自動交換または自動選択機能を備えた、工作物
  の取替えなしに多種類の加工が可能な数値制御工作機械である。
 c パレタイジングとは、製造に用いる材料、部品、半製品などをパレットなどの
  上に一定の基準に従って並べることである。
 d シーケンス制御とは、複数の機能または複数台のロボットによって1つの作業
  を行う制御方式である。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ aとd  エ bとc  オ cとd
第9問(H15)
 外注管理に関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群
から選べ。

 a 外注取引を新規に開始する場合に行う業者監査では通常、相手企業に調査票を
  提出させる他に、直接面接して経営実態調査を行う。
 b 業者監査は、専ら資材購買部門が行う。
 c 既に取引がある業者に対しては通常、不都合がない限り特に評価は行わない。
 d 既に取引がある業者に対しても、製造技術や管理技術について直接指導を行う
  ことがある。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとc  ウ aとd  エ bとc  オ cとd
第10問(H15)
 粉末成形法ならびにその製品に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれ
か。

 ア CIP(冷間静水圧成形)、HIP(熱間静水圧成形)は金型成形法の一種である。
 イ 粉末成形品を燒結する際の体積変化は、一般にセラミックス紛より金属紛の方
  が大きい。
 ウ 粉末成形品は、溶融製品よりも偏析が大きくなりやすい。
 エ 粉末成形では、溶融状態では溶けあわず製造が難しい物質の複合材料を作るこ
  とができる。
第11問(H15)
 ナノテクノロジーに関する次の記述のうち、最も適切なものの組み合わせを下記
の解答群から選べ。

 a ナノテクノロジーで扱う領域の大きさは、おおよそ10-6 〜10-9 mである。
 b ナノテクノロジーは、半導体加工という特定の領域を対象とした技術である。
 c ナノテクノロジーには、ボトムアップと言われる、大きな物質を削って小さな
  ものにして行く手法がある。
 d レーザービームを用いた超微細加工技術はナノテクノロジーの主要な技術の1
  つである。

 [解答群]
  ア aとb  イ aとd  ウ bとc  エ bとd  オ cとd
第12問(H15)
 廃棄物の処理技術に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 ア コージェネレーションとは、有機性廃棄物にメタン発酵処理を施してバイオガ
  スを得るシステムのことである。
 イ 化学的酸素要求量(COD)とは、生物が生命を維持するのに必要な最低限の酸
  素量のことである。
 ウ 有機性廃棄物の処理法の1つである堆肥化は、不安定有機物の分解、炭素率
  (C/N)の改善、細菌・害虫等の不活性化を主目的としている。
 エ 産業廃棄物の最終処分場には、「遮断型処分場」、「管理型処分場」の2種類があ
  る。
第13問(H15)
 建築基準法について、次の文中の空欄Aに最も適切なものはどれか。

 建築確認申請が必要な大規模の模様替とは、建築物の主要構造部の一種以上につ
いて行う□ A □の模様替をいう。

 ア 三分の一以上
 イ 過半
 ウ 三分の二以上
 エ 四分の三以上
第14問(H15)
 都市計画法第8条に関して、次の文中の空欄Aに最も適切なものはどれか。

 都市計画には、当該都市計画区域について、□ A □で必要なものを定めるも
のとする。

 ア 市街化地域
 イ 地域、地区又は街区
 ウ 地域又は特別区
 エ 用途地域
第15問(H15)
 中心市街地活性化法に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア この法律では、中心市街地に集まる一般消費者等の多様かつ高度な需要に即応
  して、最終消費財の製造・加工の事業や、物に体化された形態による役務の提供
  の事業を営む、商業と密接に関連したものとしての都市型新事業も支援対象とし
  ている。
 イ この法律において、基本計画は市町村が作成する。また、民間事業者等が作成
  する事業計画を国が認定し、支援を行う。
 ウ この法律において、「中心市街地」とは、その存在している市町村の人口が相当
  数あり、その中心としての役割を果たしている市街地であることが要件の1つと
  されている。
 エ この法律は、市街地の整備改善および商業等の活性化を一体的に推進するため
  の措置を講じている。
 オ リノベーション補助金は、中心市街地活性化法の認定を受けた計画に基づき行
  われる中心市街地等商店街・商業集積の活性化に資する施設の整備に対して補助
  が行われるものである。
第16問(H15)
 いわゆる大店立地法の基本的な考え方として、最も不適切なものはどれか。

 ア 大型店の出店によって生ずる交通混雑などを緩和しようとしている。
 イ 出店する大型店の地域社会への適応を要請している。
 ウ 「街づくり」の観点から大型店舗の立地を変更させることができる。
 エ 「街づくり」を有効に推進する法的根拠の1つとなるものである。
第17問(H15)
 店舗立地の条件に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 競合関係は立地条件の要素ではない。
 イ 商圏の大きさや交通量は立地条件の要素の1つである。
 ウ 人口密度、人口増減は立地条件の要素の1つである。
 エ 大都市地域においては、従業員の居住地は立地条件の第一義的な要素ではな
  い。
第18問(H15)
 照明に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 色温度の扱い方で商品価値を演出する効果は変わる。
 イ 照明は距離の二乗に反比例する。
 ウ 照明器具の選択には直接照明と間接照明の2種類を考慮すればよい。
 エ 店舗の必要照明は、業種、業態によって異なる。
第19問(H15)
 売り場の什器と商品の関係で、最も不適切なものはどれか。

 ア ウォークインクーラー ― ビール
 イ ガラスケース     ― 宝石
 ウ ゴンドラ       ― 缶詰
 エ トルソー       ― ハム、ソーセージ
 オ リーチインクーラー  ― ワイン
第20問(H15)
 店舗計画に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア 一度に見ることのできる間口のユニット寸法は異なるが、通常90cmで考え
  ればよい。
 イ 巡回性を高めるため、店内各所に顧客の目を引くマグネットポイントを設け
  る。
 ウ 店舗戦略の基本理念を表すものがストア・コンセプトである。
 エ 店舗の外観(ファサード)はパラペットのことである。
第21問(H15)
 デビットカードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア クレジットカードと同様に、利用できる時間に制約がない。
 イ 小売業にとって、クレジットカードに比べ代金回収期間が短くてすむ。
 ウ 小売業にとって、クレジットカードに比べ負担する手数料が少なくてすむ。
 エ 利用顧客には、手数料や金利が一切不要である。
第22問(H15)
 商品コードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

 ア JANコードの国コードは2桁である。
 イ JANの標準コード体系では、国コードを含めた商品メーカーコードは9桁、
  商品アイテムコードは3桁である。
 ウ JANの標準コード体系は、国コードを含めた商品メーカーコード、商品アイ
  テムコードの2つから構成される。
 エ インストアマーキングでは、JANコードとの混同を避けるため、最初の2桁
  を22から29までとすることが求められている。
第23問(H15)
 小売業のプライスライン政策は、商品をいくつかの価格段階別に整理し、品揃
え・価格設定するものである。このプライスライン政策に関する記述について、最
も不適切なものはどれか。

 ア プライスライン政策では、各プライスラインの間隔をほぼ同じ金額幅で設定す
  ると効果的である。
 イ プライスライン政策の採用によって、小売業は在庫管理が容易になり、在庫数
  量が少なくてすむ。
 ウ プライスライン政策の採用によって、小売業は品揃えに幅ができる。
 エ プライスライン政策は、最寄り品に比べ、買い回り品の価格政策として有効で
  ある。
第24問(H15)
 物流管理のツールとして、ASN(Advanced Shipping Notice)とSCM(Shipping
Carton Marking)ラベルがあげられる。このASNとSCMラベルに関する記述につ
いて、最も不適切なものはどれか。

 ア ASNとSCMラベルの照合で検品を効率化し、在庫の削減を実現する。
 イ ASNは、商品を出荷する前に、取引先に対してオンラインで送信される出荷
  案内データである。
 ウ SCMラベルとは、出荷する商品につけられたバーコード印刷されたラベルで
  ある。
 エ SCMラベルには、ITFやコード128を使用する。

第25問(H15)
 プライベートブランドに関する記述について、最も適切なものはどれか。

 ア プライベートブランドとストアブランドは、まったく同義である。
 イ プライベートブランドの展開領域は、基本的にはナショナルブランドの確立さ
  れた領域である。
 ウ プライベートブランドは、低価格訴求である。
 エ プライベートブランドは、同等の品質ならばナショナルブランドよりも低価格
  で提供できるはずである。
第26問(H15)
 小売業においては、仕入価格(原価)、販売価格(売価)、値入率、在庫高などの指
標を明確にとらえられるように、それぞれの商品の動きを管理しなければならな
い。このような指標の計算に関して、以下の設問に答えよ。

(設問1)
  売価が 1,500円、売価値入率が30%のときの原価を求めよ。

 ア 950円   イ 1,050円   ウ 1,150円   エ 1,200円
(設問2)
  原価が 1,200円、売価値入率が40%のときの売価を求めよ。

 ア 1,480円   イ 1,600円   ウ 1,960円   エ 2,000円 
(設問3)
  売上高 2,000千円、粗利益率 24%、売価値入率 40%、GMROI(商品投下資本
 粗利益率)400%のときの平均在庫高(売価ベース)を求めよ。

 ア 100千円      イ 200千円
  ウ 300千円      エ 400千円
第27問(H15)
 CRM(Customer Relationship Management)に効果的な手法の記述として、最も
不適切なものはどれか。

 ア CRMを科学的に展開するには、データマイニングがきわめて重要となる。
 イ FSP(Frequent Shoppers Program)は、CRMにとって有効な手法の1つであ
  る。
 ウ POSデータそのものはCRMに無関係である。
 エ パネルデータ分析は顧客の特徴を把握しようとするもので、CRM固有の手法
  である。
第28問(H15)
 SCM(Supply Chain Management)に関する記述として、最も不適切なものはど
れか。

 ア ECR(Efficient Consumer Response)は、SCMの領域に含まれると考えてよ
  い。
 イ SCMの重要な構成要素の1つとして、物流体系の効率化があげられる。
 ウ SCMは、個別企業のロジスティクス戦略の上位概念として位置づけることが
  できる。
 エ SCMは、たとえば在庫量と輸送頻度との間に生じるようなトレードオフをで
  きる限り極小化することを目指す。
第29問(H15)
 インターネットによる無店舗販売が増えつつある。このような販売を行うために
構成される取引空間をネット店舗と呼ぶことにする。ネット店舗は、物理的店舗と
比べると、どのような特徴を持つか。最も不適切なものはどれか。

 ア 顧客に個別対応をしようとするとコストが上昇する。
 イ 品揃えを豊富にすることができる。
 ウ 取引へのアクセスに関する時間的・空間的制約を緩和することができる。
 エ 物理的店舗とネット店舗は必ずしも競合するものではなく、両社の組み合わせ
  による相乗効果を発揮することもできる。