この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H29)
 下図は、日本、アメリカ、EUの失業率の推移を示している。
 図中のa〜cに該当する国・地域の組み合わせとして、最も適切なものを下記の
解答群から選べ。

1問 図

[解答群]
ア a:EU     b:アメリカ  c:日本
イ a:EU     b:日本    c:アメリカ
ウ a:アメリカ  b:EU     c:日本
エ a:アメリカ  b:日本    c:EU
オ a:日本    b:アメリカ  c:EU
第2問(H29)
 下図は、2000年以降の日本の経常収支の推移を示している。経常収支は、貿易・
サービス収支、第1次所得収支、第2次所得収支から構成される。
 図中のa〜cのうち、貿易・サービス収支と第1次所得収支に該当するものの組
み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

2問 図

[解答群]
ア 貿易・サービス収支:a  第1次所得収支:b
イ 貿易・サービス収支:a  第1次所得収支:c
ウ 貿易・サービス収支:b  第1次所得収支:a
エ 貿易・サービス収支:c  第1次所得収支:a
オ 貿易・サービス収支:c  第1次所得収支:b
第3問(H29)
 国内総生産(GDP)に含まれるものとして、最も適切なものの組み合わせを下記
の解答群から選べ。

 a 株価の上昇
 b 警察や消防などの公共サービスの提供
 c 農家の自家消費
 d 中古住宅の購入

ア aとb
イ aとc
ウ bとc
エ bとd
オ cとd
第4問(H29)
 GDPは、国の経済の大きさを測る際に利用される代表的な尺度のひとつである。
GDPを需要サイドから捉えたものは総需要と呼ばれる。以下の設問に答えよ。

(設問1)
 総需要は、民間消費、民間投資、政府支出、純輸出から構成される。下図は、
2000年度以降の日本の総需要の構成割合を表している。
 図中のa〜cに該当するものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解
答群から選べ。

4問-1 図

[解答群]
ア a:純輸出   b:政府支出  c:民間投資
イ a:政府支出  b:純輸出   c:民間投資
ウ a:政府支出  b:民間投資  c:純輸出
エ a:民間投資  b:純輸出   c:政府支出
オ a:民間投資  b:政府支出  c:純輸出
(設問2)
 総需要の大きさは、均衡GDPの決定にとって重要である。総需要と均衡GDP
の関係は、下図のような45度線図によって表すことができる。下図では、YFは完
全雇用GDP、YEは現実のGDP、ADは総需要である。総需要線がAD0から
AD1に上方シフトすることで完全雇用GDPを実現できる。
 このとき、乗数の大きさを表すものとして、最も適切なものを下記の解答群か
ら選べ。

4問-2 図

第5問(H29)
 需給ギャップ(GDPギャップ)は景気や物価の動向を把握するための有効な指標
であり、マクロ経済政策の判断において重要な役割を果たしている。日本では、内
閣府や日本銀行などがこれを推計し、公表している。
 需給ギャップに関する記述として、、最も適切なものはどれか。

ア オークンの法則によれば、需給ギャップがプラスのとき、雇用市場は過少雇用
 の状態にあると考えられる。
イ 需給ギャップのプラスが拡大しているとき、物価はディスインフレーションの
 状態にあると考えられる。
ウ 需給ギャップのマイナスが拡大しているとき、景気は後退していると考えられ
 る。
エ 需給ギャップは、h29_5によって計算される。
第6問(H29)
 景気動向指数の個別系列は、先行系列、一致系列、遅行系列に分けられる。各系
列の具体例の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

ア 先行系列:消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)
  一致系列:実質法人企業設備投資(全産業)
  遅行系列:法人税収入
イ 先行系列:所定外労働時間指数(調査産業計)
  一致系列:耐久消費財出荷指数
  遅行系列:営業利益(全産業)
ウ 先行系列:中小企業売上げ見通しDI
  一致系列:新規求人数(除学卒)
  遅行系列:新設住宅着工床面積
エ 先行系列:東証株価指数
  一致系列:有効求人倍率(除学卒)
  遅行系列:完全失業率
第7問(H29)
 2016年9月、日本銀行は金融緩和強化のための新しい枠組みとして「長短金利操
作付き量的・質的金融緩和」を導入した。この枠組みでは、「消費者物価上昇率の実
績値が安定的に2%を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続する」こと
とされている。
 マネタリーベースに関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解
答群から選べ。

 a マネタリーベースは、金融部門から経済全体に供給される通貨の総量である。
 b マネタリーベースは、日本銀行発行高、貨幣流通高、日銀当座預金の合計で
  ある。
 c 日本銀行による買いオペレーションの実施は、マネタリーベースを増加させ
  る。
 d 日本銀行によるドル買い・円売りの外国為替市場介入は、マネタリーベースを
  減少させる。

[解答群]
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd
第8問(H29)
 投資の決定に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群か
ら選べ。

a ケインズの投資理論によれば、利子率の低下は投資を増加させる。
b 資本ストック調整原理によれば、投資の調整速度が大きいほど、投資が減少す
 る。
c 投資の限界効率とは、投資収益の現在価値の合計を投資費用に等しくさせる収
 益率である。
d トービンのqとは、企業の市場価値を資本の割引価値で除したものである。

[解答群]
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd
第9問(H29)
 下図は、IS曲線とLM曲線を描いている。この図に基づいて、下図の設問に答
えよ。

9問 図

(設問1)
 IS曲線、LM曲線は、それぞれ生産物市場と貨幣市場を均衡させるGDPと利
子率の関係を表している。下記の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア Tの領域では、生産物市場が超過需要であり、貨幣市場が超過供給である。
イ Uの領域では、生産物市場と貨幣市場がともに超過供給である。
ウ Vの領域では、生産物市場と貨幣市場がともに超過需要である。
エ Wの領域では、生産物市場が超過供給であり、貨幣市場が超過需要である。
(設問2)
 公債の資産効果をIS-LM分析によって考察する。下記の記述のうち、最も適
切なものはどれか。

ア 資産効果は、家計の消費支出を刺激することで、IS曲線を左方にシフトさ
 せる。
イ 資産効果は、必ずGDPを増加させる。
ウ 資産効果は、必ず利子率を上昇させる。
エ 資産効果は、貨幣需要を増加させることで、LM曲線を右方にシフトさせ
 る。
第10問(H29)
 価格と消費者余剰について考える。下図に関する記述として、最も適切なものを
下記の解答群から選べ。

10問 図

[解答群]
ア 価格がP0のとき、消費者がQ0を選択する場合の消費者余剰は、消費者の
 支払意思額よりも大きい。
イ 価格がP1のとき、消費者がQ1を選択する場合の消費者余剰は、Q0を選択
 する場合の消費者余剰よりも大きい。
ウ 価格がP2のとき、消費者がQ1を選択する場合の消費者余剰は、Q2を選択
 する場合の消費者余剰よりも大きい。
エ 価格が0のとき、実際の支払額は0なので、消費者がQ0やQ1を選択して
 も、消費者余剰は得られない。
第11問(H29)
 下図によって間接税(従量税)の経済効果を考える。需要曲線をD、課税前の供
給曲線をS、課税後の供給曲線をS'で表す。税は生産物1単位当たりtとし、納税
義務者は生産者とする。下図では、税負担がすべて消費者に転嫁されている。
 この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選
べ。

11問 図

a 税負担がすべて消費者に転嫁されるとき、消費者の支払う税額は四角形
 PEE'P'で示される。
b 税負担がすべて消費者に転嫁されるとき、生産者の受け取る価格は課税前に比
 べてtだけ低下する。
c 税負担がすべて消費者に転嫁されるのは、需要の価格弾力性がゼロだからであ
 る。
d 税負担がすべて消費者に転嫁されるのは、生産者の増加に伴って限界費用が増
 加するからである。

[解答群]
ア aとb
イ aとd
ウ bとc
エ bとd
第12問(H29)
 無差別曲線は、一般に、原点に対して凸型をした右下がりの曲線である。しかし
ながら、その形状は消費者の好みなどによって変わることがある。下図のような形
状の無差別曲線に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

12問 図

[解答群]
ア Aさんは、喫茶店でコーヒーを1杯飲むとき、必ず角砂糖を1個だけ入れ
 る。このとき、X財をコーヒー、Y財を角砂糖とした場合の無差別曲線は図
 のようになる。
イ Bさんは、発泡酒が大好きであるが、どのブランドでもよいと思っている。
 このとき、ある2つのブランドの発泡酒をX財、Y財とした場合の無差別曲
 線は図のようになる。
ウ Cさんは、ゴルフに興味があり、野球には興味がない。このとき、X財を
 ゴルフの観戦チケット、Y財を野球の観戦チケットとした場合の無差別曲線
 は図のようになる。
エ Dさんは、その日の気分により、お昼におにぎりとパンのどちらかを選んで
 購入する。このとき、X財をおにぎり、Y財をパンとした場合の無差別曲線
 は図のようになる。
第13問(H29)
 需要の価格弾力性は、価格の変化によって売上高に影響を及ぼす。需要の価格弾
力性と価格戦略に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群
から選べ。

a 需要の価格弾力性が1より小さい場合、企業が価格を引き下げる戦略をとる
 と、売上高は増加する。
b 需要の価格弾力性が1より小さい場合、企業が価格を引き下げる戦略をとる
 と、需要が減少して、売上高も減少する。
c 需要の価格弾力性が1に等しい場合、企業が価格を変化させる戦略をとって
 も、売上高は変化しない。
d 需要の価格弾力性が1より大きい場合、企業が価格を引き下げる戦略をとる
 と、売上高は増加する。

[解答群]
ア aとb
イ aとc
ウ bとd
エ cとd
第14問(H29)
 下図には、総費用曲線が描かれている。生産が行われないときの費用は点Aで
示されている。この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選
べ。

14問 図

[解答群]
ア AFを1とすると、BFが平均可変費用を表している。
イ 原点と点Cを結ぶ直線の傾きが限界費用を表している。
ウ 産出量Q0における可変費用はFGに等しい。
エ 産出量Q1における固定費用は、Q0における固定費用にHIを加えたもので
 ある。
オ 点Cにおける総費用曲線の接線の傾きが平均費用を表している。
第15問(H29)
 下図には、等費用線が描かれている。この等費用線に関する記述として、最も適
切なものを下記の解答群から選べ。

15問 図

[解答群]
ア 資本のレンタル価格が上昇する場合、横軸上の切片Bは不変のままで、縦
 軸上の切片Aが上方に移動する。
イ 縦軸上の切片Aは、資本の最大投入可能量を示している。
ウ 賃金率が上昇する場合、横軸上の切片Bは不変のままで、縦軸上の切片A
 が下方に移動する。
エ 費用が減少すると、等費用線は右方にシフトする。
第16問(H29)
 近年、保育や介護の現場における人手不足が社会問題となっている。この問題に
対処するための方策として、これらに関わる職種の賃金の引き上げが検討されるこ
とがある。そこで、賃金の引き上げと労働供給の関係を考察することにした。
 下図を参考にしながら、次の文中の空欄A〜Dに当てはまる語句として、最も適
切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

16問 図

 人手不足を解消するためには、現在働いていない人に新規に就労してもらうか、
あるいは現在パート勤務などの短時間労働の人に今までより長い時間働いてもら
うことが必要である。
 すでに働いている人が賃金の上昇によってもっと働くようになるかどうかは、代
替効果と所得効果によって決まる。賃金の上昇は、□ A □効果によって労働供
給を増やし、□ B □効果によって労働供給を減らす。両者の関係は、通常、低
い賃金水準では□ C □効果の方が大きく、高い賃金水準では□ D □効果の
方が大きい。したがって、現在の賃金が低い水準であるならば、賃上げは、労働時
間を増やして人手不足の解消に寄与する。逆に、もし現在の賃金が高い水準にある
とすれば、賃上げは労働時間を減らすことになる。
[解答群]
ア A:所得  B:代替  C:所得  D:代替
イ A:所得  B:代替  C:代替  D:所得
ウ A:代替  B:所得  C:所得  D:代替
エ A:代替  B:所得  C:代替  D:所得
第17問(H29)
 日本は諸外国に比べて労働時間が長いため、休日の過ごし方が重要である。ある
共働きの夫婦について休日の過ごし方を考える。夫の趣味は水泳であり、妻の趣味
はジョギングである。2人とも自分の好きなことに付き合って欲しいので、基本的
には、別々の行動は取りたくない。下表の利得マトリックスは、夫婦の戦略(水泳
とジョギング)とそれにより得られる利得を示したものである。カッコ内の左側が
夫の利得、右側が妻の利得である。
 このゲームに関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群か
ら選べ。
  妻の戦略
水泳ジョギング



水泳(30,15)(10,12)
ジョギング( 2,2)(15, 30)
 a このゲームには、支配戦略がある。
 b 夫と妻がともに水泳をするとき、夫と妻のどちらかが戦略を変えると、戦略を
  変えた方の利得が下がるので、(水泳、水泳)はナッシュ均衡である。
 c 夫と妻がそれぞれ自分の趣味を選ぶとき、夫と妻のどちらかが戦略を変える
  と、戦略を変えた方の利得が下がるので、(水泳、ジョギング)はナッシュ均衡で
  ある。
 d 夫の戦略としては、妻がジョギングがよいといえばジョギングに行くのがよ
  く、また、水泳がよいといえば水泳に行くのがよい。

[解答群]
ア aとb
イ aとd
ウ bとc
エ bとd
第18問(H29)
 商品には、新しく登場するものや、市場から姿を消すものがある。その過程を説
明する下図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から
選べ。

18問 図

 a 右図では、当初、この商品の限界費用がとても高いので市場が成立していな
  い。
 b 左図では、技術進歩によって供給曲線Sがシフトするにしたがって、この商
  品の市場が成立する。
 c 右図では、代替品の登場によって需要曲線Dがシフトすれば、この商品はや
  がて市場から姿を消す。
 d 左図では、市場への新たな生産者の参入で需要曲線Dがシフトすることによ
  り、市場が成立する。

[解答群]
ア aとb
イ aとd
ウ bとc
エ cとd
第19問(H29)
 公共財や私的財などの財の特徴として、最も適切なものはどれか。

ア 海洋漁業における水産資源は、すべての漁業者が無償で等しく漁を行うことが
 できるという理由で、競合的な性格を持たない。
イ 公共財の場合だけでなく、競合性と排除性を持つ私的財の場合にも、フリーラ
 イダーは出現する。
ウ 公共財は、競合性と排除性を持たないので、等消費量が不可能になる。
エ 有料のケーブルテレビは、その対価を支払わない消費者を排除できる排除性を
 持つが、対価を支払った消費者の間では競合性がない。
第20問(H29)
 下表に基づき、国際分業と比較優位について考える。製品P1個を生産するの
に、A国では5人の労働が必要であり、B国では30人の労働が必要である。また、
製品Q1個を生産するのに、A国では5人の労働が必要であり、B国では60人の
労働が必要である。
 このような状況に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
  A国B国
製品P1個当たりの労働量5人30人
製品Q1個当たりの労働量5人60人
[解答群]
ア A国では、製品Qの労働生産性が相対的に高いので、製品Qの相対価格が高
 くなる。
イ A国では製品Qに絶対優位があり、B国は製品Pに絶対優位がある。
ウ B国は、A国に比べて、製品Pについては1/6、製品Qについては1/12の生
 産性なので、製品Qに比較優位を持つ。
エ 一人当たりで生産できる個数を同じ価値とすると、A国では、製品P1個と
 製品Q1個を交換でき、B国では製品P2個と製品Q1個を交換することがで
 きる。
第21問(H29)
 昨今、WTOを中心とする多国間交渉はうまくいかず、FTAのような比較的少
数の国の間の交渉が増加している。
 下図は、関税引き下げによって輸入品の価格がP0からP1に下落する場合を描い
ている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

21問 図

[解答群]
ア 関税引き下げ後、国内の生産者余剰は、引き下げ前より三角形FGHの分だ
 け減少する。
イ 関税引き下げ後、消費者余剰は、関税引き下げ幅に輸入量CGを乗じた分
 だけ増加する。
ウ 関税引き下げによる、国内の生産者から消費者への再配分効果は、四角形
 P0FGP1である。
エ 関税引き下げによる貿易創造効果は、四角形BCGFの部分である。
第22問(H29)
 技術革新およびその奨励政策に関する理論的記述として、最も適切なものはどれ
か。

ア 新しいビジネスモデルのようなアイデアの限界費用がゼロであるとする。この
 とき、競争市場においては、効率性の観点から判断すると、社会に対して無償で
 提供されるのが望ましい。
イ 企業の生産設備は、償却可能資産であり、経年減価する。したがって、競争市
 場においては、法人税で加速度償却を認めることに企業の設備投資を促す効果は
 ない。
ウ 基礎研究は、社会に大きな利益をもたらすとき、外部経済効果を有することに
 なる。したがって、競争市場においては、基礎研究への政府による補助金は企業
 に基礎研究への取り組みを促す効果を期待できない。
エ 研究開発費が固定費用であるとき、研究開発に多額の費用を要する企業は多額
 のサンクコストを抱えることになる。したがって、競争市場においては、政府が
 研究開発費に補助金を支給したとしても、新規企業の参入による研究開発の促進
 は期待できない。
第23問(H29)
 少子高齢化と日本の経済・財政との関係に関する記述として、最も適切なものは
どれか。

ア 60歳を超えると年間収入が減少する傾向があるため、世帯主の年齢が60歳以
 上の世帯の貯蓄額は世帯主が60歳未満の世帯の貯蓄額よりも低い水準にある。
イ 生産性が一定のとき、少子化による労働人口の減少はGDPを減少させる。
ウ 高齢化の進行は、社会保障による所得再分配効果を小さくする。
エ 日本の年金財政は、積立方式であるため、人口構成の変化からの直接の影響を
 受けない。