この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H17)
 消費および貯蓄に関する説明として最も不適切なものはどれか。

 ア ケインズ型の貯蓄関数では、限界貯蓄性向は1より小さく、所得の増加に応じ
  て平均貯蓄性向が低下する。
 イ 恒常所得仮説によれば、1回かぎりの特別減税によって可処分所得が一時的に
  増加したとしても、消費の水準は影響を受けないとされる。
 ウ 個人レベルの倹約は美徳とされるが、「倹約のパラドックス」が発生する場合、
  人々の倹約意欲の高まりとともに、GDPが減少する。
 エ 社会保障が不十分な場合、将来の年金への不安などによって、個人の貯蓄意欲
  は増大するという仮説がある。
 オ ライフサイクル仮説では、一生にわたって得られる所得が増加するのにした
  がって、消費が増大すると考える。
第2問(H17)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 有効需要の原理に基づき、総需要と総供給との関係から均衡GDPの決定につい
て考えてみよう。
 まず、総需要ADが消費支出と投資支出から構成されるモデルを想定し、消
費支出と投資支出がそれぞれ、
 0cY
 0
として与えられるとする。ここで、0:独立消費、:限界消費性向、:国内所
得あるいはGDP、0:独立投資である。
 いま、下図のように、縦軸に総需要、横軸に国内所得(GDP)を表すとすれば、
@所得水準とそれに対応して計画された総需要との関係はADとして描かれる。ま
た、45度線は総需要=総供給(国内所得)の関係を示している。
 このとき、均衡GDPは* の水準に決まる。仮に、A国内所得が1 の水準にあれ
ば、総供給 > 総需要の関係にあり、生産物市場には超過供給が発生する。なお、
均衡GDPは限界消費性向が1より小さい場合に安定的になる。
(設問1)
  文中の下線部@について、AD線の説明として最も適切なものの組み合わせを
 下記の解答群から選べ。

 a AD線の傾きは限界消費性向に等しい。
 b AD線の縦軸の切片は、(00 )に等しい。
 c 限界貯蓄性向が大きいほど、AD線の勾配はより激しくなる。
 d 独立消費が増加すれば、AD線は下方にシフトする。
 e 独立投資が増加すれば、AD線は上方にシフトする。

 [解答群]
  ア aとc  イ aとe  ウ bとd  エ bとe  オ cとd
(設問2)
  文中の下線部Aについて、超過供給の調整メカニズムの説明として最も適切な
 ものはどれか。

 ア 有効需要の原理によれば、価格の下落を通じて超過供給が解消され、均衡
  GDPが実現する。
 イ 有効需要の原理によれば、価格の上昇を通じて超過供給が解消され、均衡
  GDPが実現する。
 ウ 有効需要の原理によれば、雇用量の増加を通じて超過供給が解消され、均衡
  GDPが実現する。
 エ 有効需要の原理によれば、生産の拡大を通じて超過供給が解消され、均衡
  GDPが実現する。
 オ 有効需要の原理によれば、生産の縮小を通じて超過供給が解消され、均衡
  GDPが実現する。
第3問(H17)
 下図は、ISLM曲線を描いたものである。T〜Wのそれぞれの領域において、
生産物市場と貨幣市場はどのような状態にあるか。その説明として最も適切なもの
を選べ。



 ア Tの領域では、生産物市場と貨幣市場はともに超過需要の状態にあり、Vの領
  域では、生産物市場と貨幣市場はともに超過供給の状態にある。
 イ Tの領域では、生産物市場は超過供給、貨幣市場は超過需要の状態にあり、W
  の領域では、生産物市場は超過需要、貨幣市場は超過供給の状態にある。
 ウ Uの領域では、生産物市場は超過供給、貨幣市場は超過需要の状態にあり、V
  の領域では、生産物市場と貨幣市場はともに超過需要の状態にある。
 エ Uの領域では、生産物市場は超過供給、貨幣市場は超過需要の状態にあり、W
  の領域では、生産物市場は超過需要、貨幣市場は超過供給の状態にある。
 オ Vの領域では、生産物市場と貨幣市場はともに超過需要の状態にあり、Wの領
  域では、生産物市場は超過供給、貨幣市場は超過需要の状態にある。
第4問(H17)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。ただし、ここでは閉鎖経済を前提とし
ている。
 政府支出の拡大は、GDPを押し上げる効果を発揮するが、@クラウディング・ア
ウトを引き起こし、利子率の上昇を通じて民間投資支出を減少させてしまう。した
がって、クラウディング・アウトの程度が大きいほど、政府支出の拡大に伴う
GDPの押し上げ効果は小さくなる。
 他方で、貨幣供給の増加は、利子率の低下を通じて民間投資支出を刺激し、
GDPを押し上げる。このように、金融政策は、貨幣供給の増加→利子率の低下→
民間投資支出の増加というA伝達メカニズムが作用する場合に有効な景気調整の手段
になり得る。

(設問1)
  文中の下線部@について、クラウディング・アウトが発生せず、政府支出の拡
 大に伴うGDP押し上げ効果が発揮される場合はどれか。最も適切なものの組み
 合わせを下記の解答群から選べ。

 a 投資の利子弾力性がゼロの場合
 b 投資の利子弾力性が無限大の場合
 c 貨幣需要の利子弾力性がゼロの場合
 d 貨幣需要の利子弾力性が無限大の場合

 [解答群]
  ア aとc   イ aとd   ウ bとc   エ bとd
(設問2)
  文中の下線部Aについて、伝達メカニズムに関する説明として最も適切なもの
 の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 貨幣需要の利子弾力性が大きいほど、貨幣供給の増加に伴う利子率の低下幅
  が小さくなる。
 b 貨幣需要の利子弾力性がゼロになる「流動性のわな」のもとでは、貨幣供給が
  増加しても利子率は低下しない。
 c 古典派のケースでは、貨幣需要の所得弾力性がゼロになり、貨幣供給が増加
  しても利子率は低下しない。
 d 投資の利子弾力性が大きいほど、利子率の低下に伴う民間投資支出の増加幅
  が大きい。
 e 投資の利子弾力性がゼロの場合、利子率の低下は、無限に民間投資支出を増
  加させる。

 [解答群]
  ア aとd  イ aとe  ウ bとd  エ bとe  オ cとd
第5問(H17)
 いま、変動為替レート制を採用している2国(自国と外国)を想定する。両国で
は、物価は硬直的であり、為替レートの変動に伴う為替差益・差損はゼロであると
考える。また、資本が両国間を自由に移動するために、自国利子率と外国利子率は
均等化し、国際的な金利裁定が成立する。なお、為替レートの変動によるJカーブ
効果は発生しないものとする。
 このような前提に基づき、下記の設問に答えよ。

(設問1)
  自国が財政政策を発動して政府支出を増加させた場合、いかなる効果が期待で
 きるか。その説明として最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 外国では、経常収支の改善を通じて、所得の増加が生じる。
 b 自国が発動する財政政策は、近隣窮乏化政策になり、自国から外国への失業
  の輸出を引き起こす。
 c 自国が発動する財政政策は、内外利子率を低下させる。
 d 自国では、利子率の上昇に伴う民間投資支出の減少、経常収支の悪化が生じ
  るが、所得は拡大する。
 e 変動為替レート制の内外経済の隔離効果が作用し、外国経済への波及は何ら
  生じない。

 [解答群]
  ア aとc  イ aとd  ウ bとc  エ bとd  オ cとe
(設問2)
  自国が金融政策を発動して貨幣供給を増加させた場合、いかなる効果が期待で
 きるか。その説明として最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 外国では、通貨価値の下落を通じて経常収支が改善し、所得が増加する。
 b 自国が発動する金融政策は、近隣窮乏化政策になり、自国から外国への失業
  の輸出を引き起こす。
 c 自国が発動する金融政策は、内外利子率を低下させる。
 d 自国では、民間投資支出が減少する分だけ、所得の拡大幅が小さくなる。
 e 自国では、通貨価値が上昇し、経常収支は改善する。

 [解答群]
  ア aとc  イ aとd  ウ bとc  エ bとd  オ cとe
第6問(H17)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 下図は、貿易自由化に伴う関税の撤廃が、日本経済にいかなる影響を与えるかを
示したものである。
 この図によれば、日本、中国、韓国およびASEAN諸国が自由貿易協定(FTA)を
締結し、域内における貿易自由化を推進するよりも、世界規模の貿易自由化を推進
したほうが、消費者余剰の増加の程度が大きいことがわかる。これは、世界規模の
貿易自由化の場合には、自由貿易協定と異なり、□ A □効果のみが発生し、
□ B □効果が発生しないためである。それに対して、自由貿易協定による域内
貿易自由化のケースでは、□ A □効果と□ B □効果が同時に発生するため
に、消費者余剰の増加の程度が小さくなる。
 また、自由貿易協定の締結によって、□ A □効果や□ B □効果という静
態的な効果に加えて、マクロ経済全体や国内産業に影響を及ぼす動態的な効果が発
生することが期待されている。



(設問1)
  文中の空欄Aおよび空欄Bに入る最も適切な語句の組み合わせはどれか。

 ア A:新規参入  B:貿易創出   イ A:新規参入  B:貿易転換 
 ウ A:貿易創出  B:新規参入   エ A:貿易創出  B:貿易転換 
 オ A:貿易転換  B:貿易創出
(設問2)
  文中の下線部について、自由貿易協定の締結によって期待される動態的な効果
 の説明として最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 安価な財の輸入や経営資源の流入により、競争の促進や技術の伝播が発生
  し、生産性が上昇する。
 b 域内における投資の期待収益率が低下することを通じて、国内投資や対域内
  直接投資が促進され、資本蓄積が増加する。
 c 固定費用が大きい産業では、市場統合によって規模の経済が実現し、収穫逓
  増と費用逓増が観察される。
 d 参加国独自の規制や国内制度の改革を促すことを通じて、貿易や投資の拡大
  に寄与する。
 e 貿易や投資の自由化は、それぞれの国内における経済構造の改革を促進す
  る。
 
 [解答群]
  ア aとbとc   イ aとcとd   ウ aとdとe
  エ bとcとd   オ bとdとe
第7問(H17)
 最近、日本では一部の産業で賃金の下落が観察され、それを要素価格均等化と関
連づけて議論する動きがある。ヘクシャー=オリーン定理における要素価格均等化
命題の説明として最も適切なものはどれか。

 ア 相対的に資本が豊富な国では、資本集約財を輸入することになり、その輸入拡
  大は当該国の資本報酬率の上昇を引き起こす。
 イ 相対的に労働が豊富な国では、労働集約財を輸出することになり、その輸出拡
  大は当該国の賃金の下落を引き起こす。
 ウ 土地集約財である農産物の輸入拡大は、輸入国の地価を上昇させ、土地を輸出
  したことと同等の効果を生じさせる。
 エ 要素価格の均等化が生じる場合、貿易を通じて、生産要素が移動したのと同等
  の効果が発生したことになる。
第8問(H17)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 フリードマンを中心とするマネタリストは、経済政策を発動するタイミングなど
を考慮した場合、裁量的な経済政策は景気を不安定化させる可能性があり、一定の
ルールに基づいた経済政策の発動を行うことが望ましいと主張した。この点につい
て、たとえば、@k%ルールが提案された。
 経済政策のタイミングに関して、A経済状況を判断したうえで経済政策が策定さ
れ、その効果が表れるまでの一連の時間を考えた場合、すでに景気が回復している
にもかかわらず、景気刺激策が発動され、かえって経済が不安定化する可能性があ
る。このような観点からも、マネタリストは、裁量的な政策よりもルールによる政
策運営を重視すべきであると主張した。

(設問1)
  文中の下線部@について、k%ルールの説明として最も適切なものはどれか。

 ア 貨幣供給量を長期的な経済成長率にあわせて一定の率で増加させる政策
 イ 公債を長期的な経済成長率にあわせて一定の率で増加させる政策
 ウ 人口を長期的な経済成長率にあわせて一定の率で増加させる政策
 エ 貯蓄率を長期的な経済成長率にあわせて一定の率で増加させる政策
 オ 利子率を長期的な経済成長率に近い一定の率に維持する政策
(設問2)
  文中の下線部Aについて、経済政策の発動が必要とされるか否かを判断するこ
とから始め、政策の効果が表れるまでには、さまざまなラグ(時間の遅れ)が発生
する。そのラグを発生順に並べたものとして最も適切なものはどれか。

 ア 決定のラグ→実施のラグ→認知のラグ→波及のラグ
 イ 決定のラグ→実施のラグ→波及のラグ→認知のラグ
 ウ 実施のラグ→認知のラグ→決定のラグ→波及のラグ
 エ 認知のラグ→決定のラグ→実施のラグ→波及のラグ
 オ 波及のラグ→認知のラグ→決定のラグ→実施のラグ
第9問(H17)
 需要供給分析において、下図のように、需要曲線がシフトする場合(A図)と、シ
フトせず需要曲線上の価格と需要量の組み合わせを表す点が移動する場合(B図)と
を区別しなければならない。ある財の需要曲線をシフトさせないものを下記の解答
群から選べ。



 [解答群]
  ア 一時的な所得があった時    イ 所得が下がった時
  ウ 代替財の価格が変化した時   エ 当該財に関する嗜好が変化した時
  オ 当該財の価格が変化した時
第10問(H17)
 特許に関する次の文章の空欄Aおよび空欄Bに入る最も適切な言葉の組み合わせ
を、下記の解答群から選べ。
 特許は、発明者に対し、一定期間にわたり、発明したものの生産・販売などの独
占権を与えるものである。特許の有効期間が長期間にわたり、かつ対象が広範囲な
場合には、この独占権獲得を目指して革新を行うインセンティブは□ A □。そ
の特許の適用範囲においては、少なくとも短期間には競争を□ B □。

 [解答群]
 ア A:強い  B:活発にする   イ A:強い  B:不活発にする 
 ウ A:弱い  B:活発にする   エ A:弱い  B:不活発にする 
第11問(H17)
 下図に表されたア〜エの費用関数の中で、規模の経済性が働かないものはどれ
か。ここで、Cは総費用、Qは生産量、Aは固定費、a、bは変動費に関するパラ
メータを表す。


第12問(H17)
 逆選択とモラルハザードについて、最も適切なものはどれか。

 ア 逆選択は契約後に発生し、モラルハザードは契約の前に発生する。
 イ 逆選択は契約の前に発生し、モラルハザードは契約後に発生する。
 ウ 逆選択もモラルハザードも契約後に発生する。
 エ 逆選択もモラルハザードも契約の前に発生する。
第13問(H17)
 範囲の経済性に関し、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 電力会社において、配電サービスと送電サービスを別々に行うよりは一緒に
  行った方がコストが軽減される場合、範囲の経済性が存在するといえる。
 b 異なる製品の生産で共通コストがある場合に、それらの生産を一緒に行うこ
  とで、範囲の経済性を実現することが可能である。
 c 自然独占が成立する場合、範囲の経済性が存在するといえる。
 d 通信会社において、限られた地域の通信サービスと長距離通信サービスを一
  緒に行うよりも別々に行った方がコストが軽減される場合、範囲の経済性が存
  在するといえる。

 [解答群]
  ア aとb   イ aとc   ウ bとc   エ bとd  
第14問(H17)
 企業にとって、ライバル企業より先行して行動するか、それともライバル企業の
動きを見た後に行動するかは、戦略上重要な意味を持つ。ここで、ある製品の市場
で競争している寡占企業2社A、Bを考える。両者は、コスト構造が同じで、生産
量を戦略変数として競争している。それぞれの反応関数は、下図のように表されて
いる。このとき、a〜dの記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解
答群から選べ。



 a 企業Aが均衡値(クールノー均衡値)より多く生産すれば、その生産量に対応す
  る企業Bの最適な生産量は、企業Aの生産量よりも少なくなる。
 b 企業Aが均衡値(クールノー均衡値)より多く生産すれば、その生産量に対応す
  る企業Bの最適な生産量は、企業Aの生産量よりも多くなる。
 c 企業Aが先に均衡値(クールノー均衡値)より多く生産すれば、その利潤は企業
  Bが獲得できる最大の利潤より大きく、先行者利益が存在する。
 d 企業Aが先に均衡値(クールノー均衡値)より多く生産すれば、その利潤は企業
  Bが獲得できる最大の利潤より小さい。したがって、先行者利益が存在しない。

 [解答群]
  ア aとc   イ aとd   ウ bとc   エ bとd  
第15問(H17)
 ある企業が考えている施策がある。その施策にかかるすべてのコストは100万円
である。売上収入とそれぞれの起こりうる確率は下表のように予想されている。下
記の解答群の中から最も適切なものを選べ。



 [解答群]
 ア この企業がリスク愛好的である場合、そのリスク選好度にかかわらず、この
  施策を行わない。
 イ この企業がリスク回避的である場合、この施策を行う。
 ウ この企業がリスク中立的である場合、この施策を行う。
 エ この企業がリスク中立的である場合、この施策を行わない。
 オ この企業がリスク中立的でも、回避的でも、この施策を行う。
第16問(H17)
 ある当事者(プリンシパル)が、他の当事者(エージェント)に行動を任せなければ
ならないとき、エージェントがプリンシパルのために十分な努力を行うような工夫
が必要である。
 たとえば、企業の所有者をプリンシパル、経営者をエージェントとするとき、上
記の工夫に当らないものはどれか。

 ア 経営者へのインセンティブ報酬
 イ 経営者へのストックオプションの付与
 ウ 経営者へのフリーライド
 エ 経営者へのモニタリング
第17問(H17)
 地球温暖化の対策として、排出権取引の導入が行われている。排出権取引は、企
業が決められた排出量削減目標を達成するため、企業間で排出枠を売買する仕組み
である。ここで、企業A、Bの間で排出権取引が行われるものとする。下図を見
て、下記の設問に答えよ。



(設問1)
  この排出権取引に関し、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選
 べ。

 a 削減しなければならない排出量を高く設定すると、排出権価格は上昇する。
 b 削減しなければならない排出量を高く設定すると、排出権価格は低下する。
 c 排出削減のコストが低下すると、排出権価格は上昇する。
 d 排出削減のコストが低下すると、排出権価格は低下する。

 [解答群]
  ア aとc   イ aとd   ウ bとc   エ bとd
(設問2)
  排出権取引以前の段階において、各企業の排出割当量がzの水準に決まった
 時、企業Aの排出削減コストを表すものとして、最も適切なものはどれか。

 ア 点x、点y、点zの各点で囲まれた面積
 イ 点xと点y間の曲線の長さ
 ウ 点xと点z間の直線の長さ
 エ 点yと点z間の直線の長さ
(設問3)
 以下の記述について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 a 企業Aの方が、企業Bに比べ排出削減コストが高い。
 b 企業Bの方が、企業Aに比べ排出削減コストが高い。
 c 企業Aと企業Bの排出削減コストは同じである。
 d 排出権取引を導入した場合にかかる2社の排出削減コストの合計と、排出権
  取引を導入しない場合にかかる2社の排出削減コストの合計を比べれば、前者
  の方が高い。
 e 排出権取引を導入した場合にかかる2社の排出削減コストの合計と、排出権
  取引を導入しない場合にかかる2社の排出削減コストの合計を比べれば、後者
  の方が高い。

 [解答群]
  ア aとd  イ aとe  ウ bとd  エ bとe  オ cとd
第18問(H17)
 敵対的買収の脅威にさらされた企業の現経営陣に関して、最も不適切なものはど
れか。

 ア 企業買収の脅威があると、現経営陣がその脅威への対応策を講じるために、現
  実の業務に専念できなくなる恐れがある。
 イ 企業買収の脅威があると、現経営陣がその脅威を減らすために、企業価値を高
  め、効率的な経営を行おうとする効果がある。
 ウ 現経営陣の経営手腕に問題がある場合、企業買収により、有能な経営者に取っ
  て代わられるという効果がある。
 エ 現経営陣は、乗っ取り対象としての魅力を低下させるため、フリーキャッシュ
  を多額にしようとする。