この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H28)
 各種業務処理を行ううえでパーソナルコンピュータ(PC)の重要度が増す中、業
務内容に適した機器構成を検討することは重要である。これに関する記述として最
も適切なものはどれか。

ア HDDとは異なりSSDは、OSのインストールができないため起動ドライブと
 しては使えない。
イ PCにグラフィックボードを付ける場合、IDEインタフェースに装着する。
ウ PCには、処理速度を向上させるために、メモリモジュールを複数枚組み合わ
 せて利用できるものがある。
エ マザーボード上のCPUソケットの形状は標準化されているので、処理速度の
 速いどのようなCPUへの交換も可能である。
第2問(H28)
 最近では液晶パネルが様々な種類のコンピュータ用ディスプレイやスマートフォ
ン等に使用されている。液晶パネルには動作原理が異なる数種類の製品があり、そ
の選択に当たっては、業務における利用目的に合った画面の表示能力や描画速度を
有しているか等に注意を払わなければならない。特に商品の写真や動画を扱う場合
などは、正確な色を再現することができる特性を備えた製品を選択する必要があ
る。
 液晶パネルに関する以下の文章の空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして、最
も適切なものを下記の解答群から選べ。

 液晶パネルでは、電荷を与えて液晶の並びを変化させることで光の□ A □
を変えているので、正面以外の角度からパネルを見ると正しい色や輝度が表現で
きず画面が見にくいが、この特性を改良した製品も販売されている。
 液晶パネルの中で、□ B □方式のパネルは、比較的応答速度が速く、光漏
れが少ないので黒がはっきりと表現できるが、正面以外の角度からは見にくい。
一方、□ C □方式のパネルは正面以外の角度からの見え方が比較的良好で色
の再現性は良いが、光漏れの発生度合いが大きくコントラスト比を高くしにく
く、応答速度の高速化も難しい。
 液晶ディスプレイは色強度、コントラストなどが調整できるようになっている
が、商品の写真や動画などの色を正確に表現するためには、□ D □を考慮し
た調整が可能なカラーマネジメント機能を備えたものを使用する必要がある。

[解答群]
ア A:透過率  B:IPS  C:TN   D:カラーバランス
イ A:透過率  B:TN   C:IPS  D:色温度
ウ A:反射率  B:TN   C:VA   D:カラーバランス
エ A:反射率  B:VA   C:TN   D:色温度
第3問(H28)
 業務等に利用する各種のアプリケーションプログラムの実行が円滑に行われるよ
うに、コンピュータには様々な仕組みが組み込まれている。しかし、コンピュータ
の種類によってそれらの仕組みの装備状況が異なり、機能にも能力差があるので仕
組みの内容を理解することも必要である。
 コンピュータの仕組みに関する以下の@〜Cの記述と、その名称の組み合わせと
して、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

@ 主記憶装置の記憶領域において、実行中のプログラムが使用しなくなった領域
 のうち断片化したものを整理し、連続して利用可能な記憶領域を確保すること。
A コンピュータが仮想記憶の仕組みを備えている場合、主記憶装置と補助記憶装
 置の間でデータの入れ替えを行うこと。
B 演算装置の処理能力に比べて大幅に処理が遅い装置に対するデータの入出力処
 理において、データを一時的に補助記憶装置等に保存して処理することで、コン
 ピュータの処理効率を向上させること。
C 半導体の記憶装置を実装したハードディスクで、使用頻度が高いデータを半導
 体記憶装置に記憶させ、低速の磁気ディスクからの読み出し回数を減少させて処
理の高速化を図ること。

[解答群]
ア @:ガーベージコレクション  A:スワッピング
  B:ファイルダンプ      C:キャッシング
イ @:ガーベージコレクション  A:ホットスワップ
  B:スプーリング       C:ページング
ウ @:コンパクション      A:スワッピング
  B:スプーリング       C:キャッシング
エ @:コンパクション      A:ホットスワップ
  B:ファイルダンプ      C:ページング
第4問(H28)
 PCには多様なソフトウェアが使われている。ソフトウェアに関する記述として
最も適切なものはどれか。

ア デバイスドライバとは、PCに接続される周辺機器を制御するためのソフトウ
 ェアである。
イ ファームウェアとは、OSの一部分を指し、接続される周辺機器と通信するた
 めのソフトウェアである。
ウ ミドルウェアとは、OSの中核となって機能するソフトウェアである。
エ ユーティリティプログラムとは、アプリケーションプログラムの総称である。
第5問(H28)
 商品売上高を示したデータが下記のように、表計算ソフトウェアのシート中の
A〜C列に入力されている。
 D列に示したような、売上高が多い順の順位を求めたい。同じ値が複数ある場
合は同じ順位を与え、次の大きさの値には重複した分を飛ばした順位を与える。
 このために、条件に一致した値の個数を数えるのにCOUNTIF文を利用して順
位を求める式を考え、その式をD2のセルに入力する。D2の式を下の行に複写し
て、D列のような順位を求めたい。
 COUNTIF文を用いたD2のセルに入る式として、最も適切なものを下記の解
答群から選べ。
 ただし、COUNTIF文、&の使用法は以下のとおりである。
 ・COUNTIF(対象範囲, 条件式):対象範囲のうち、条件式に記述した内容を
  満たすセルの個数を返す関数
 ・&:文字列の連結
第5問図
[解答群]
ア =COUNTIF(C$2:C$7,"<"&C2)+1
イ =COUNTIF(C$2:C$7,">="&C2)
ウ =COUNTIF(C$2:C$7,"<="&C2)
エ =COUNTIF(C$2:C$7,">"&C2)+1
第6問(H28)
 業務において各種のサービスを各々異なるサーバ機能で運用する場合、各サービ
スを利用するごとに、それぞれのID、パスワードを入力して認証を受けなければ
ならないのは、運用者・利用者の双方にとってID管理の負担が大きく非効率的で
ある。
 この状況を解決するための方法に関する以下の文章の空欄A〜Dに入る語句の組
み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 複数のサーバ機能による各サービスの利用者認証を、利用者ごとにひとつの
IDとパスワードの組み合わせで行う仕組みが□ A □である。
 この仕組みは、サーバ機能によるサービスの利用時だけではなく、社内の
□ B □に□ C □を接続して利用する際の認証にも利用することができ
る。
 この仕組みを社内で導入するには、□ D □をサーバマシン上で運用する必
要がある。
[解答群]
ア A:シングルサインオン  B:LAN    C:プリンタ
   D:LinuxとApache
イ A:シングルサインオン  B:無線LAN  C:PCやスマートフォン
   D:RADIUSとLDAP
ウ A:マルチセッション   B:VPN    C:プリンタ
   D:LinuxとLDAP
エ A:マルチログイン    B:無線LAN  C:POS端末
   D:ApacheとRADIUS
第7問(H28)
 近年、最新のWeb技術を有効に利用して、広告活動や各種の公示活動を魅力あ
るものにしようという動きが活発になりつつある。Webコンテンツの作成技術に
関する記述として最も適切なものはどれか。

ア Webページに画像を掲載する場合、SVG、JPEG、GIFなどのラスタ形式の画
 像フォーマットを使うよりも、TIF、PNGなどのベクタ形式のものを使った方
 が拡大した場合などに画像が劣化しない。
イ Webページの記述言語であるHTML5は、PCあるいはスマートフォン向けの
 すべてのブラウザに対応していることから、Webページの記述は今後HTML5
 で行う方が良い。
ウ 繰り返し自社のWebページを閲覧してもらうようにするためにはUI/UXが
 重要である。
エ 現実世界をコンピュータ技術で拡張してWebページに表示する技術を総称し
 てAIと呼ぶ。
第8問(H28)
 リレーショナルデータベース(RDB)では定義された複数の表に様々なデータを
格納して処理を行う。下記のようなA表とB表がある場合、参照の完全性(参照整
合性ともいう)を保つために必要な事柄として、最も適切なものを下記の解答群か
ら選べ。
第8問図
[解答群]
ア B表の外部キーの値には重複や空の値があってはならない。
イ B表の外部キーの値はA表の主キーに存在しなければならない。
ウ B表の行は削除できるが、A表の行は削除できない。
エ 商品に関するデータが未登録であった場合、B表にデータ入力を行う。
第9問(H28)
 多様な入力機器の発達、コンピュータ処理の多方面への進展により、ビッグデー
タと呼ばれる多様で大量のデータを扱うことが多くなった。そのような時代の要請
に対応するデータベース技術に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア RDBでは、ひとつのデータベースを複数のコンピュータで分散して管理する
 機能はないので、ビッグデータのような多様で大量のデータは扱えない。
イ XMLデータベースとは、XMLの階層構造をRDBの階層構造にマッピングし
 て利用するデータベースである。
ウ キーバリューデータベースは、データの構造や属性を決めるスキーマ設計をし
 なくても使える。
エ ビッグデータに適したNoSQLデータベースと呼ばれるものは、RDBと区別
 するためにその呼び名を用いているが、データ検索にはRDBと同じようにSQL
 を使う。
第10問(H28)
 コンピュータやスマートフォン、あるいは通信機能を備えた周辺機器をLAN環
境で利用するために、それらの機器にマシン名やアドレスを割り振るなどの管理が
必要である、アドレスにはMACアドレスやIPアドレスがあるが、後者は従来の
IPv4に加え、より広いアドレス空間を持つIPv6も利用されている。
 このアドレス管理に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア IPv4のIPアドレスは32ビットからなり、前半のネットワーク部と後半のホ
 スト部から構成される。CIDR表記では、例えば、211.11.0.1/16のように、/
 以下にネットワーク部のビット数を記す。
イ IPv6ではIPアドレスは128ビットからなり、IPv4との互換性を保つために、
 先頭から1〜80ビットはゼロ、81〜96ビットは1とし、残りの32ビットに
 IPv4のアドレスを入れるIPv4互換アドレスという方法を採用している。
ウ IPv6ではIPアドレスは128ビットからなり、ブレフィックスとインタフェー
 スIDにより構成される。インタフェースIDがIPv4のネットワーク部に該当す
 る。
エ MACアドレスは64ビットからなり、先頭の24ビットが製品固有の番号、残
 りの40ビットに製造メーカ番号が割り当てられ製造メーカから出荷される。
第11問(H28)
 インターネットを利用するために光ケーブルあるいはCATV等のWAN側の回
線を選択すると、その回線をLANに接続するONUやモデムが設置される。ONU
やモデムに無線LAN機能が付いていない場合に、無線LAN環境を利用して複数
のPCやLAN対応機器を接続したい場合には、無線LANルータを設置・運用す
る。
 この無線LANルータの利用に関する以下の文章の空欄A〜Dに入る語句の組み
合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 設置されたONUやモデムにLAN接続端子が装備されているので、ここから
無線LANルータのWAN側の接続端子に、LANケーブルによって接続する。
無線LANルータに□ A □の機能が付いている場合はLAN接続端子が複数
あるので、その数のPCやLAN対応機器を接続できる。さらに多くの機器を利
用したい場合は□ A □を多段に接続し、使用可能台数を増やすことができ
る。
 無線の到達距離を伸ばしたい場合は、複数の無線LANルータを設置する。2
台目以降の無線LANルータはルータモードではなく□ B □モードで使用す
るのが一般的である。
 無線LAN環境を利用する場合は無線LANルータにおいて、SSIDの名称設
定、□ C □等の無線LAN接続の認証方法と暗号化方式の選択、および暗号
化キーの設定を行い、近隣に設置された機器が利用している周波数と重ならない
ように□ D □の変更を行う。

[解答群]
ア A:DSU         B:WiFi    C:TKIP-AES  D:バンド
イ A:スイッチングハブ  B:WiFi    C:WPA-PSK  D:ホッピング
ウ A:スイッチングハブ  B:ブリッジ  C:WPA-AES  D:チャネル
エ A:リピータハブ    B:スイッチ  C:WPA-WEP  D:バンド
第12問(H28)
 インターネットを利用した電子メールが普及し、PCのみならず、スマートフォ
ンやタブレット端末などの様々な機器で電子メールの送受信が行われている。各種
の機器で電子メールの送受信を行う場合、Webブラウザ上のWebメール機能の利
用や、それぞれの機器に対応したメーラーと呼ばれる電子メールクライアントソフ
トを利用する。その利用のためにいくつかの項目を設定することが必要な場合もあ
るので、電子メールの設定の仕組みを理解することが望ましい。
 電子メールの利用に関する以下の文章の空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとし
て、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 自社が管理する電子メールアドレスの送受信をWebブラウザで行う場合は、
□ A □サーバにWebメール対応の仕組みを稼働させるWebメールインタ
フェースを追加する必要がある。
 一方、PC、スマートフォンやタブレット端末などでメーラーを使用する場合
は、各々の機種に対応したソフトウェアを入手し、メールを受け取るPOP3や
IMAPサーバおよびメールを送信する□ B □サーバのアドレスと
□ C □を初めに設定する必要がある。またメールを暗号化して送受信したい
場合は□ D □に対応したメーラーを使用する必要がある。

[解答群]
ア A:DNS    B:Samba  C:認証ID    D:https
イ A:Web    B:Samba  C:パスワード  D:DES
ウ A:メール  B:SMTP   C:ポート番号  D:S/MIME
エ A:メール  B:SNMP   C:認証ID    D:DES
第13問(H28)
 個人番号カードによる公的個人認証サービスに関する記述として、最も適切なも
のはどれか。

ア 個人番号カードから利用者証明用電子証明書を読み出せば、基本4情報も読み
 出せる。
イ 個人番号カードの利用者証明用電子証明書は、地方公共団体情報システム機構
 の署名用認証局から発行される。
ウ 個人番号カード保有者が転居しても、市区町村に転居を届けて個人番号カード
 記載内容を変更してあれば、個人番号カードの利用者証明用電子証明書にアクセ
 スすることで転居したことが分かる。
エ 個人番号カード保有者の転居により住所が変わっても、個人番号カードの利用
 者証明用電子証明書は有効である。
第14問(H28)
 ものづくりにおいては、ロボット等の製造設備間の、ITの活用による「つなが
る」仕組みとそのセキュリティの実現が求められている。日本でも、一般社団法人
日本ロボット工業会がORiN(Open Robot/Resource interface for the Network)を
策定して推進している。最新版はORiN2である。これに関する記述として最も適
切なものはどれか。

ア ORiN2はCAOを利用して、多様な制御装置や製造設備、各種アプリケーショ
 ンを相互に接続する。
イ ORiN2は、ソフトウェアとハードウェアの標準化仕様である。
ウ コネクタと呼ばれるインタフェースが制御装置のメーカ固有のインタフェース
 を変換するので、既存の制御装置のインタフェースをそのまま利用できる。
エ 通信プロトコルであるe-CAPは、SOAP(Simple Object Access Protocol)を利
 用している。
第15問(H28)
 システム開発プロジェクトには失敗事例が多いといわれる。システム開発の失敗
をできるだけ避けるため、種々の指針や概念が提示されている。これに関する記述
として最も適切なものはどれか。

ア 開発担当者と運用担当者が一体となり、お互いに協力してシステム開発・リ
 リースを的確に行おうという考え方を一般的にDevOpsという。
イ コンピュータシステムに組み込むべき業務に関わる要求を機能要求、業務機能
 ではない要求を非機能要求という。独立行政法人情報処理推進機構では非機能要
 求の要求項目を、可用性、性能・拡張性、運用・保守性の3項目に整理してい
 る。
ウ システム開発受託企業がシステムに求められる要件をどこまで実現するのかを
 明記し、かつ、実現できなかった場合の対処法も明記する契約書をSLMと呼
 ぶ。
エ システム開発の際に用いられる用語として、As-IsとTo-Beがあるが、As-Is
 とは開発するシステムのあるべき姿を指す。
第16問(H28)
 システム開発プロジェクトにおいて見積もりの方法として使われているCoBRA
法に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア CoBRA法では、工数の尺度として予算総額を用いる。
イ CoBRA法では、変動要因の値の散らばり方を近似するのに、正規分布を用い
 る。
ウ 規模・工数の実績データが10件程度あれば、CoBRA法を適用できる。
エ ファンクションポイントからCoBRA法により、開発するシステムの規模を見
 積もる。
第17問(H28)
 中小企業がシステム開発を開発者(ベンダ)に発注する場合、発注側の要求が開発
結果に正しく反映されないことがある。以下のシステム開発の@〜Bの段階と、要
求と結果の間に起こり得るa〜cのギャップの説明の組み合わせとして、最も適切
なものを下記の解答群から選べ。

発注者の要求内容
    ↓@発注者の要求内容から要件定義書を作成する段階
要件定義書の内容
    ↓A要件定義書から外部設計を行う段階
外部設計書の内容
    ↓B外部設計書から詳細設計を行う段階
完成したソフトウェア

<ギャップの説明>
 a 発注者が開発者に説明した要件定義書に盛り込まれた内容が、開発側設計者
  の誤認等何らかの理由により開発内容から漏れた。
 b 開発者が何らかの理由により要件定義書の内容を誤認・拡大解釈し、実現範
  囲に盛り込んでしまった。
 c 要件定義すべき内容が抜けており、発注者が開発者に説明していない。

[解答群]
ア a:@  b:A  c:A
イ a:A  b:A  c:@
ウ a:A  b:B  c:@
エ a:B  b:A  c:@
第18問(H28)
 経済産業省は、IT人材および人材育成者が活用できる人材育成関連ツールとし
て「iコンピテンシ・ディクショナリ」を紹介している。iコンピテンシ・ディクシ
ョナリにおける情報セキュリティに関わるセキュリティアドミニストレータ人材と
しては、情報セキュリティアドミニストレータ、ISセキュリティアドミニストレ
ータ,そしてインシデントハンドラが含まれる。これらのうち、情報セキュリティ
アドミニストレータ人材の活動内容として最も適切なものはどれか。

ア セキュリティ管理
イ セキュリティ基準の策定
ウ セキュリティ事故と対応の分析
エ セキュリティ方針の策定
第19問(H28)
 情報システムの利用においては、フィッシング詐欺や情報漏洩ろうえい事案などの増加に
対応するために情報セキュリティをより高めなければならない。その一環としてユ
ーザ認証の強化が叫ばれている。これに関する記述として最も適切なものはどれ
か。

ア CHAP認証とは、チャレンジ/レスポンスという方式で、Webサイトにアク
 セスしてきたユーザを認証するものである。
イ 二段階認証とは、同じパスワードを2回入力させてユーザの認証を行う方式の
 ことである。
ウ ハードウェアトークンとは、その機器を認証装置にかざすことで本人を認証す
 る仕組みのことである。
エ ワンタイムパスワードとは、サイトに登録した際に最初の認証に利用されるパ
 スワードである。
第20問(H28)
 情報セキュリティへの脅威としてのクリックジャッキング攻撃およびその対策に
関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア Webページに出力するすべての要素に対して、エスケープ処理を実施するこ
 とで、クリックジャッキング攻撃を防止することができる。
イ WebページのHTTPレスポンスヘッダにX-Frame-Optionsヘッダフィールド
 を出力しないことが、クリックジャッキング攻撃への対策となる。
ウ クリックジャッキング攻撃とクロスサイト・リクエスト・フオージェリに共通
 する対策がある。
エ クリックに応じた処理を実行する直前のページで再度パスワードの入力を求
 め、再度入力されたパスワードが正しい場合のみ処理を実行することが、クリッ
 クジャッキング攻撃とクロスサイト・スクリプティングで共通の対策となる。
第21問(H28)
 顧客に情報サービスを提供するシステムを開発するプロジェクトにおいては、品
質に関わる様々な基準や仕組みを考慮しなければならない。以下のa〜cについて
参考とする基準や仕組みの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から
選べ。
 a 顧客に提供する情報サービス品質の管理
 b セキュリティを重視するIT製品の調達
 c ソフトウェア品質保証のために厳密に定義された仕様記述と検証

[解答群]
ア a:Common Criteria  b:ITSMS       c:ISMS
イ a:ITSMS       b:Common Criteria  c:VDM
ウ a:ISMS        b:VDM        c:Common Criteria
エ a:VDM        b:ISMS        c:ITSMS
第22問(H28)
 近年、クラウドサービスが台頭し、自社システムからクラウドサービスに移行す
る動きが活発になりつつある。クラウドサービスは中小事業者にとっても有益であ
るが、その利用のためには様々な課題について検討しなくてはならない。
 クラウドサービスやその利用に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア クラウドサービスにおいては、情報セキュリティの確保が重要になるが、独立
 行政法人情報処理推進機構ではクラウドサービスの安全利用に関する手引きを出
 している。
イ クラウドサービスの利用料金の多くはサービス内容に応じて異なるが、使用し
 たデータ容量では異ならないので、コストの視点から大企業の多くがクラウドサ
 ービスを利用し始めている。
ウ パブリッククラウドの形態には、SaaS、PaaS、IaaS、DaaSなどがあり、いず
 れもアプリケーション、ミドルウェア、OS、ハードウェアが一体化されたサー
 ビスとしてエンドユーザに提供される。
エ オンプレミス型クラウドサービスとは自社でインフラを持たずクラウド事業者
 からサービスの提供を受ける形態をいい、ホステッド型クラウドサービスとは自
 社でインフラを持つ企業内クラウドの形態をいう。
第23問(H28)
 多くの情報機器を用いて業務を行わなくてはならない状況が進展しつつある中、
そのエネルギー消費や機器の廃棄などで環境への配慮が重要な課題となりつつあ
る。環境問題への対応に関する記述として最も適切なものはどれか。

ア EuP(Energy-using Product)とは、エネルギー使用製品に対して環境配慮設計
 を義務づけるわが国独自の規制のことである。
イ IT機器自体の省エネをGreen by IT、ITを利活用した社会の省エネをGreen 
 of ITといい、グリーンIT委員会(JEITA)はそれらを導入した場合の省エネ効
 果を試算している。
ウ PUE(Power Usage Effectiveness)とは、データセンターやサーバ型エネル
 ギー効率を表す指標で、企業全体の消費電力をデータセンターの消費電力で除算
 した数値である。
エ ホワイトデータセンターとは、電力消費を低減するため雪氷熱を利用するデー
 タセンターである。
第24問(H28)
 商品の需要量を予測する時系列モデルにはいくつかのものがある。これらに関す
る記述として最も適切なものはどれか。

ア ARMAモデルは、自己回帰モデルと移動平均モデルを組み合わせたものであ
 る。
イ 指数平滑法は、自己回帰モデルと物価指数による単回帰モデルを組み合わせた
 ものである。
ウ バスモデルでは、t期の売上はその期の購入者数に比例して発生するとして計
 算する。
エ バスモデルでは、イノベータとは消費者のうち製品を初期に購入する2.5%の
 層のことである。
第25問(H28)
 当社は製造に必要なある共通部品を3社から仕入れている。手元にある各社の在
庫部品からいくつかを抜き出して、それぞれの重量を計った(下表参照)。在庫部品
の平均重量が仕入元によって異なるかどうかを知りたい。
 その方法に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
第25問図
[解答群]
ア 3社のデータについての比較なので、多元配置の分散分析を利用する。
イ 3社のデータについての比較なので、分散分析では群間の自由度は2にな
 る。
ウ 5%の有意水準で2社間の平均値の差のt検定を3回繰り返して、いずれも
 有意差が出ないならば、5%水準で差がないといえる。
エ 平均値の差のt検定を任意の2社間で繰り返すと、検定の多重性による第二
 種の過誤が大きくなる。