この過去問はJavaScriptが必要です。ブラウザの設定等で利用できるようにして下さい。
第1問(H16)
 事業所等でのコンピュータ利用にあたっては適切な性能のコンピュータハード
ウェアを準備する必要がある。そのためにはコンピュータハードウェアの特性につ
いて注意を払う必要がある。以下の設問に答えよ。

(設問1)
 コンピュータに外部記憶装置を複数増設することが可能な規格名称として、最
も適切なものはどれか。

 ア AGP   イ IEEE 802.11b   ウ MIDI
 エ SCSI  オ セントロニクス
(設問2)
 コンピュータを構成する装置の中で、内部記憶装置に関しては用途別に複数種
類のものが利用されているが、それぞれの記憶装置の特性を理解して適切な配備
がなされたコンピュータハードウェアを利用する必要がある。
 以下に示す記憶装置に関する説明と記憶装置名称の組み合わせとして、最も適
切なものを下記の解答群から選べ。

<記憶装置に関する説明>
 a 半導体を利用した記憶装置で、命令やデータの高速な書き込みと読み出し
  が可能なことから、主に主記憶装置に利用される。
 b 半導体を利用した記憶装置で、電源投入直後にコンピュータの動作準備を
  するための入出力制御に関わるプログラムを蓄えておくために利用するも
  の。
 c ディスプレイに表示する画像データを蓄えるための記憶装置で、画面に表
  示できる解像度と色数の上限がその容量によって左右されるもの。
 d CPU内部に取り込んだ命令やデータを一時的に格納しておくための記憶
  装置で、コンピュータの記憶装置の中で最も高速なもの。

<記憶装置名称>
 1 VRAM   2 レジスタ   3 ROM   4 RAM

[解答群]
 ア a−1   b−2   c−3   d−4
 イ a−2   b−1   c−4   d−3
 ウ a−3   b−1   c−2   d−4
 エ a−3   b−4   c−1   d−2
 オ a−4   b−3   c−1   d−2
第2問(H16)
 コンピュータの利便性向上のためにさまざまな工夫が行われており、それらの装
備状況を適切に判断して、業務利用のためのコンピュータハードウェアの選定を行
う必要がある。
 そのような工夫のひとつとして、キャッシュと呼ばれる仕組みがコンピュータ内
部で利用されている。このキャッシュに関する記述として、最も適切なものはどれ
か。

 ア LANで用いられるパケット通信において、一斉同報(ブロードキャスト)され
  たパケットの中から自分のコンピュータあてのパケットを選別する仕組み。
 イ 画像や動画などをデジタル化してコンピュータに取り込むこと。
 ウ 記憶装置の読み出し速度を向上させるために、データをより高速な記憶域に一
  時的に保存して利用する手法またはその領域。
 エ コンピュータの動作基準となる信号のことで、コンピュータ内部の各装置はこ
  のタイミングに合わせて処理を行い処理速度の向上が図られている。
 オ データの暗号化を利用する場合、コンピュータ内部でデータの暗号化と復号化
  に使用される方式。
第3問(H16)
 マルチメディアデータを利用してインターネット上で広告を流そうと考えた。そ
こで、15Mbyteの動画による広告を作り、自社のWebサーバ上に格納して配信を
開始した。Webサーバはインターネットへは2Mbpsの回線で接続してある。こ
の動画ファイルは、利用者がそのファイルのすべてをダウンロードした後でない
と、画面表示を開始することができないものである。
 8Mbpsのインターネット回線利用者は、この広告をWebブラウザ上でダウン
ロード指示してから、どのくらい後に内容を表示開始することができるか。最も近
い所要時間を選べ。
 ただし、ネットワークの実効転送率は100%、上り下り回線とも同一の回線速度
で、Webサーバへの処理要求の集中はないものとする。

 ア 2秒  イ 7.5秒  ウ 15秒  エ 1分  オ 10分
第4問(H16)
 インターネットで利用されるサーバの仕組みに関する記述として、最も適切なも
のはどれか。

 ア Webサーバは、テキスト、画像、音楽、動画等の情報発信やメールの受発
  信、ファイルサーバ等の機能を総合的に具備したものである。
 イ データベースサーバは、Webブラウザに対して直接情報発信できる機能を有
  していないので、情報発信用のサーバと連携して機能している。
 ウ ドメインネームサーバ(DNS)は、名前管理機構とも呼ばれ、IPアドレスとホ
  スト名の対応管理およびこの対応関係をもとにメールデータの送信を行う。
 エ プロキシサーバは、クライアント端末に代わって目的の情報発信サーバにアク
  セスする代理のサーバで、テキスト、画像、音楽、動画等やすべてのメールデー
  タをやり取りできる。
第5問(H16)
 クライアントサーバシステムには2層システムの他に3層システムがある。
 2層システムは、処理を要求するためのクライアントコンピュータと、要求に応
じて処理を実行するサーバコンピュータによって構成される。
 これに対して3層システムは、処理結果を表示させる目的のクライアント層、ク
ライアントからの要求を処理するアプリケーション層、アプリケーション層と連携
するデータベース層に分離され、各々の層で異なったコンピュータハードウェアを
利用し、クライアントサーバシステムを構築・運用する仕組みである。
 2層システムと3層システムに関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア 3層システムでは2層システムに比較して、ウイルスの感染を受けにくい。
 イ 3層システムでは2層システムに比較して、外部からの侵入に対する抵抗性を
  高くしやすく、データの保護には有利である。
 ウ 3層システムでは2層システムに比較して、電子メールがより多くのサーバを
  経由することとなり到着に遅延が起こる。
 エ 3層システムでは3層のそれぞれのコンピュータに処理要求が均等に分散され
  るので、処理の集中による負荷がかかりにくい。
 オ 3層システムで利用するデータベースシステムでは排他制御を行う必要はな
  い。
第6問(H16)
 次の文中の空欄A〜Dに最も適切なものの組み合わせを、下記の解答群から選べ。

 パーソナルコンピュータによるプログラム開発の場合、プログラム言語の記述は
□ A □と呼ばれるソフトウェア機能を利用して行い、□ B □として保存さ
れる。その後、□ B □は□ C □を用いて実行可能な実行形式(機械語)に変
換される。しかし、近年は統合環境と呼ばれる開発環境が主流で□ A □や
□ C □の機能が統合された状態で開発が可能である。プログラム作成の教育目
的で利用されるBASIC等のプログラム言語の場合は、プログラムの命令を入力・
修正している途中でも、命令を解釈、実行して結果が確かめられる□ D □方式
が用いられている。

[解答群]
 ア A:コードジェネレータ  B:プログラムファイル
   C:パーサ        D:インタプリタ
 イ A:シェル        B:バイナリコード
   C:コンパイラ      D:言語プロセッサ
 ウ A:シェル        B:バックアップファイル
   C:リンカ        D:オーサリング
 エ A:テキストエディタ   B:バイナリコード
   C:パーサ        D:言語プロセッサ
 オ A:テキストエディタ   B:プログラムファイル
   C:コンパイラ      D:インタプリタ
第7問(H16)
 これから業務処理のためにリレーショナルデータベースの導入を行いたいと考え
ている。このための準備作業として、最も不適切なものはどれか。

 ア 今まで使用していた売上伝票や請求書をもとにして最初にレコード設計を行っ
  た。
 イ 表計算ソフトウェアを利用してデータ入力を開始した。
 ウ マスタファイルに登録すべき項目の洗い出しを開始した。
 エ リレーショナルデータベースで使用するテーブル作成のためのフィールド設計
  を行った。
 オ ワードプロセッサソフトによって作成してあった住所一覧表から罫線等を取り
  去り、データ区切りを明確にしたのちテキストファイルとして保存し直した。
第8問(H16)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 S氏はビデオのレンタル業を営んでいる。日々の業務は、次のような内容であ
る。
 来店した顧客が店頭棚に配架されたビデオの空箱を見て好きなビデオを選ぶと、
その空箱または番号札をカウンターに持ってくる。店員は、該当するビデオを在庫
棚から探してカウンターに持ってきて、顧客が提示する会員カードをもとに、貸出
台帳に、顧客名、会員番号、ビデオタイトル、貸出期間、貸出料金を記入して、貸
出料金と引き替えに顧客にビデオを手渡す。顧客からビデオが返却されると、貸出
期間の超過日数、ビデオの損傷などをチェックしてビデオを受け取り、貸出台帳に
返却済の記帳をするとともにビデオを元の在庫棚に戻している。
 その他、新規の顧客の登録や退会処理などの顧客原簿の更新管理、仕入れ業者か
ら新規に購入したビデオの登録や損傷したビデオの除去などのビデオ原簿の更新管
理、そして月別の各ビデオの回転率などの集計・分析を行っている。
 S氏は、中小企業診断士とともに、現行業務のコンピュータによる合理化、効率
化を考えている。

(設問1)
  システム開発アプローチとして、データ中心アプローチを採用し、まずERモ
 デルを作成することとした。ERモデルの説明として最も不適切なものはどれ
 。

 ア ERモデルとは、現実世界を「実体」と実体間の「関連」という視点でとらえる
  もので、実体関連モデルとも呼ばれる。
 イ ERモデルは、現実世界を概念モデルへと写し取る際に用いられる。
 ウ 業務内容を書き出し、名詞の中から「実体」を、動詞の中から「関連」を識別す
  るというのは有効な方法の一つである。
 エ 「実体」は有形の実体のあるものでなければならず、無形の概念はすべて「関
  連」として表現されることになる。
(設問2)
  現行業務のERモデルを作成した結果の一部が下記である。A、B、C、D、
 Eに入るものの組み合わせとして最も適切なものはどれか。なお、□は実体を表
 し、◇は関連を示す。

 ア A:顧 客  B:貸 出 C:ビデオ D:購 入 E:仕入れ業者
 イ A:貸出料金 B:日 数 C:ビデオ D:除 去 E:仕入れ業者
 ウ A:会員番号 B:貸 出 C:顧 客 D:注 文 E:新ビデオ
 エ A:ビデオ  B:貸 出 C:顧 客 D:購 入 E:仕入れ業者
 オ A:ビデオ  B:日 数 C:顧 客 D:購 入 E:新ビデオ
(設問3)
  現行の業務で発生する下記のようなデータについて、その正規化の説明とし
 て、最も適切なものはどれか。
顧客名顧客コード貸出日ビデオ名(タイトル名)
鈴木太郎0014月1日○○○○
田中真一0025月2日△△△△△、□□□□
鈴木太郎0016月3日□□□□、×××
 ア 顧客名の欄に鈴木太郎が2回出てくるのは繰り返し部分であり、非正規形であ
  る。
 イ すでに第三正規形を満たしており、とりあえずこれ以上正規化する必要はな
  い。
 ウ 第二正規形であり、顧客名と顧客コードの依存関係を解消すれば第三正規形と
  なる。
 エ ビデオ名の欄に複数のビデオ名が記載されているのは繰り返し部分であり、非
  正規形である。
第9問(H16)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 X社は、これまでメインフレームの更新・保守を行いつつ、ストーブパイプ型開
発により、かなりのシステム資産を蓄積している。また、最近ではEUC的発想と
経済性の点からUNIX/PCサーバによるオープン系のシステム開発も進めている。
そのために、ますます同一データ項目が複数システムに散在してデータ項目・内容
の不整合や精度の不一致などを生むだけでなく、システムの拡張性や保守性を低下
させている。X社では、いかにメインフレームとオープン系システムの連携を図る
か、新システムへの移行をどのように行うべきかが重要課題になりつつある。
 そこでX社は、既存システム間の連携を図るために、次のことを検討している。
 第1に、データコード、フォーマット、通信プロトコル等を、各システム上で稼
動する複数のアプリケーションの必要性に応じて変換する□ A □を開発して、
各々のシステムに搭載する。
 第2に、関連するシステム間に、変換機能を遂行するソフトウェアやテーブルを
組み込んだ専用の□ B □を構築して、各システムでの開発容易性を確保する。
 第3に、既存の各システムのアプリケーションあるいはデータ構造に大きな変更
を加えずに、アプリケーション間でデータとプロセスの共有や統合を支援する
□ C □を導入する。

(設問1)
  文中の空欄A〜Cに入る最も適切な用語の組み合わせはどれか。

 ア A:テーブル     B:リロケータブルプログラム
   C:ERP(Enterprise Resource Planning)ソフト
 イ A:ディレクトリ   B:リンケージエディタ
   C:ロードシェアシステム
 ウ A:ファームウェア  B:アプリケーションサーバ
   C:API(Application Programming Interface)
 エ A:ミドルウェア   B:ゲートウェイサーバ
   C:EAI(Enterprise Application Integration)ソフト
(設問2)
  最近のメインフレームとUNIX/PCサーバの単体としての特性に関する説明の
 うち、最も不適切なものはどれか。

 ア CPU、主記憶、入出力などの資源配分においては、メインフレームのほうが
  UNIX/PCサーバよりも最適に配分する。
 イ CPUの信頼性(reliability)は、メインフレームのほうがUNIX/PCサーバよ
  りも高い場合が多い
 ウ 拡張性(scalability)は、UNIX/PCサーバのほうがメインフレームよりも優れ
  ている場合が多い。
 エ 入出力プロセッサ(インターフェース)の信頼性は、現在ではUNIX/PCサー
  バのほうがメインフレームよりも高い場合が多い。
 オ メインフレームはUNIX/PCサーバと異なり、かなりの数の仮想的サーバを
  1台で実現できる。
第10問(H16)
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 商品別事業部制を採用する卸売業者が、顧客企業とXML(eXtensible Markup
Language)によって電子的データ交換(EDI)による情報システムを開発することに
なった。

(設問1)
  当社はこのシステム開発を、エクストリームプログラミング(XP)により開発
 することにした。開発部門の業務の説明として、最も適切なものはどれか。

 ア 改善点が見つかったら、いつでもプログラムコードを見直す。
 イ コーディング完了後、要求仕様に基づいてユニットテストのデータを作成す
  る。
 ウ プログラムごとに開発担当者を決めて、修正範囲を限定する。
 エ 要求定義段階と検収テスト段階でユーザ部門を関与させる。
(設問2)
  XML利用に適する条件として、最も適切なものはどれか。

 ア 取引先企業数が少ない。
 イ 取引先とビジネスプロセスを共通化したい。
 ウ 取引する商品が多種多様である。
 エ 取引データ交換のフォーマットが特定されている。
第11問(H16)
 プロジェクト管理のための標準的知識体系であるPMBOK(Project Manegement 
Body of Knowledge)の説明として、最も適切なものはどれか。

 ア ISO10006のベースとなった事実上の国際標準である。
 イ 英国BSI(British Standards Institution)が提唱する体系である。
 ウ スコープ、タイムスケジュールなど4つの領域を統合管理する。
 エ 品質(Quality)、費用(Cost)、効率(Efficiency)のバランスを重視する。
第12問(H16)
 情報システム開発に関する記述として最も不適切なものはどれか。

 ア ウォーターフォール型システム開発アプローチでは、システム開発の局面ごと
  に完結させて後戻りしないように開発を進める。
 イ オブジェクト指向アプローチでシステム開発をすることによる長所として、一
  部のソフトウェアの変更が周囲に及ぼす影響を最小限に抑えることができる。
 ウ プロセス中心アプローチでは、まず対象業務でどのようなデータが用いられて
  いるのか、ある業務のデータが他の業務のデータとどのように関わっているのか
  を分析、理解することが基本となる。
 エ プロトタイピングは、プロトタイプと呼ばれる小規模なシステムを構築して、
  できるだけ業務要求に適合したシステム構築を試行錯誤的に行う。
第13問(H16)
 当社は情報システムセキュリティを強化するために、ISMS認証を取得すること
にした。ISMSの実施ステップには次の6つが含まれる。ステップの順序として最
も適切なものを下記の解答群から選べ。

 a 実施すべき管理策を選択する。
 b 詳細管理策の選択を適用宣言書で明確に公表する。
 c 情報セキュリティポリシーを策定する。
 d 適用範囲を定義する。
 e リスク対応についての選択肢を明確にし、評価する。
 f リスクアセスメントを実施する。
[解答群]
 ア c−d−f−e−a−b
 イ c−d−f−e−b−a
 ウ d−c−e−f−b−a
 エ d−c−f−e−a−b
 オ e−c−d−f−a−b
第14問(H16)
 個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項(JIS Q 15001)で
は、個人情報の処理を外部に委託する場合に、契約によって規定しなければならな
い内容を定めている。次のうち、これに含まれる内容として最も適切なものはどれ
か。

 ア 委託先での処理担当者
 イ 個人情報の受け渡し方法
 ウ 個人情報の有効期限設定
 エ 事故時の責任分担
第15問(H16)
 データベースファイルのバックアップには、いくつかの方法がある。これについ
て、最も適切なものはどれか。

 ア 差分バックアップは、増分バックアップよりも大きなバックアップ媒体容量が
  必要である。
 イ 増分バックアップで最新の状態に復元するには、フルバックアップデータをリ
  ストアして、これを最新の増分バックアップデータで更新すればよい。
 ウ 物理バックアップは、DBMSの構造をバイナリ形式でバックアップすること
  で、エクスポート処理に該当する。
 エ 論理バックアップは、データベースファイルをOSのコピーコマンドでバック
  アップする方法で、データベース全体を復元できる。
第16問(H16)
 当社では、これまでレンタルサーバを利用してWebサイトを立ち上げていた。
しかし、社内からの提案もあり、自社Webサーバを独自で構築・管理することに
し、Webサーバによる情報発信に加えて、社内外から社員のコミュニケーション
を図るため、グループウェアを導入することとした。

(設問1)
  このようなシステム環境を利用するにあたって、注意すべき点として最も不適
 切なものはどれか。

 ア WebサーバをSSL対応にするためには公開かぎとなる証明書が必要となる
  が、この証明書を発行できるのは一部の認証局(CA)に限られているため、年
  間一定額の出費を見積もっておくべきである。
 イ Webサーバを介して、コンピュータウイルスが広まる場合があるので、常
  にセキュリティ情報に気を付け、Webサーバで利用するソフトウェアを迅速
  にアップデートできる体制を整えておくべきである。
 ウ アクセスカウンタや掲示板のcgiスクリプトには、重大なセキュリティホー
  ルが潜む可能性があるので、これらをWebサーバに導入する際は事前にスク
  リプトの安全性を確認すべきである。
 エ グループウェアを導入する際もSSL対応にしたWebサーバを利用して、ロ
  グイン時のパスワードや通信内容を暗号化すべきである。
(設問2)
  グループウェアに社外から安全にアクセスできるように、SSLを使うことにし
 た。これについて最も適切なものはどれか。

 ア SSLのサーバかぎは作成時点でroot権限者(rootユーザ、スーパーユーザ、
  またはアドミニストレータ)も読めないようになっている。
 イ SSLの推奨ポート(well known port)番号は433番である。
 ウ SSLはWebサービスで利用される一機能であるが、FTPでも使用できる。
 エ サーバ証明書にある公開かぎで秘密情報を暗号化して通信する。
第17問(H16)
 ウイルスメールに対する対応として、最も適切なものはどれか。

 ア HTMLメールはテキストのみで記述されており、実行ファイルなどが添付さ
  れる心配がないため積極的に利用する。
 イ ウイルスメールはWebブラウザと連携してウイルスを広めることがあるの
  で、Webブラウザのアップデートについても常に留意する。
 ウ 知人からウイルスの実行ファイルが添付されたメールが届いたので、その知人
  あてにウイルスに感染している旨をメールで返信し、被害を拡大させないように
  注意を促した。
 エ 知人から「システムフォルダに○○というファイルがあったら、それはウイル
  スなので削除し、なるべく多くの人にメーリングリストなどを使ってこの情報を
  広めてほしい」というメールを受け取ったので、ウイルスの蔓延を防ぐために友
  人にこのメールを転送した。
第18問(H16)
 当社には営業社員が3人いる。営業成績に違いがあるかどうか調べるために、各
社員について担当顧客の営業データをランダムに100件ずつ抽出した。このデータ
の分析方法について、最も適切なものはどれか。

 ア t検定を行う。
 イ 判別分析を行う。
 ウ 分散分析を行う。
 エ 平均値の差の検定を行う。
第19問(H16)
 ある商店では、毎日の来客数によってその日の売上高を予測する時系列回帰分析
を試みた。その残差の分布を調べたら、自己相関がありそうである。この場合の説
明として最も適切なものはどれか。

 ア 残差が正規分布でないと、自己相関がある。
 イ 残差をプロットすると上に凸の大きな弧を描いているので、正の自己相関があ
  る。
 ウ 自己相関があるのは、来客数と売上高の相関が高いからである。
 エ 自己相関はスクリープロットで確認できる。